「ほねほねザウルス」19巻発売! シリーズ刊行10周年★累計150万部突破記念キャンペーンスタート! 

PR TIMES / 2018年8月24日 16時1分

株式会社岩崎書店(代表取締役:岩崎弘明、本社:東京都文京区)は、カバヤ食品株式会社の大人気玩具菓子「ほねほねザウルス」から生まれた冒険物語の最新刊『ほねほねザウルス19 ひかりのきょじんとやみのドラゴン』を、2018年8月8日に発売しました。
また同シリーズの刊行10周年と累計150万部突破を記念して、抽選で豪華景品があたるプレゼントキャンペーンを2018年8月中旬よりスタートしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/35751/7/resize/d35751-7-189753-0.jpg ]


◆最新刊の19巻は、初版限定の特別付録まんが付き!
シリーズ最新刊の『ほねほねザウルス19 ひかりのきょじんとやみのドラゴン』には、ひみつのほねほねザウルスの「ギガントほねほねパラディン」と「ギガントほねほねダークドラゴン」が登場。加えて、7巻の『ほねほねザウルス7 すすめ!ちていのあべこべランド』で活躍した、ほねほねモグラの「モーラー博士」と地獄谷の番人「ほねほねケルベロス」が再び登場! 力とスピードを兼ね備えた闇のドラゴンと、モーラー博士、ベビーたちの戦いが迫力いっぱいに描かれています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/35751/7/resize/d35751-7-234787-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/35751/7/resize/d35751-7-625515-2.jpg ]



また、初版限定の特別付録として、まんが『別冊ほねほねザウルス Vol.2 モーラー博士のほるほる大さくせん!』がついています。本編では描かれなかったエピソードに、思わずニヤリ…。物語がより楽しめます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/35751/7/resize/d35751-7-705177-7.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/35751/7/resize/d35751-7-985457-8.jpg ]





◆シリーズ刊行10周年&累計150万部突破記念キャンペーンの内容
当選のチャンスは3回! 抽選で各150名様・合計450名様に豪華商品が当たる!


[画像6: https://prtimes.jp/i/35751/7/resize/d35751-7-815825-6.jpg ]



[画像7: https://prtimes.jp/i/35751/7/resize/d35751-7-241548-9.jpg ]

【応募方法】
・対象書籍(新刊および既刊フェアの商品)のキャンペーンオビの応募券1枚をハガキに貼って、A・B・C希望のコースを明記してご応募ください。
・第1回にご応募いただくと、最大3回の抽選に参加できます(1度ハズレても、次の抽選に自動的にエントリーされます)。

【賞品】
Aコース:Kabaya玩具菓子 ほねほねザウルス×福井県立恐竜博物館(第2弾)8個セット
Bコース:Kabaya玩具菓子 ほねほねザウルス(第31弾)10個セット
Cコース:ほねほねザウルスオリジナルシャーリングタオル(横110cm×縦20cm)



[画像8: https://prtimes.jp/i/35751/7/resize/d35751-7-369717-3.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/35751/7/resize/d35751-7-572993-4.jpg ]



[画像10: https://prtimes.jp/i/35751/7/resize/d35751-7-402805-11.jpg ]


【応募締切】
第1回締切:2018年11月30日必着(当選者へは2018年12月末までを目処に賞品を発送いたします)
第2回締切:2019年1月31日必着(当選者へは2019年2月末までを目処に賞品を発送いたします)
第3回締切:2019年3月31日必着(当選者へは2019年4月末までを目処に賞品を発送いたします)
※当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。


◆岩崎書店「ほねほねザウルス」シリーズとは
カバヤ食品株式会社の大人気玩具菓子「ほねほねザウルス」から生まれた、子ども向けエンターテインメント読み物シリーズ。
本を読まない男の子にも、読者の楽しさを知ってほしい!という思いから生まれた企画です。
主人公とともに冒険を成し遂げる一体感と、読了できる達成感を得られる本として、子どものみならず、親御さん、先生方からも支持されています。
2008年4月の第1巻刊行から10周年となる今年、累計150万部を突破する大ヒットシリーズになりました。

人気のポイント
・人気の玩具菓子キャラクター
・子どもたちが大好きな恐竜が主人公
・ワクワクドキドキの冒険物語
・迫力のイラストやコマ漫画によるストーリー展開
・迷路、クイズなど読者参加コーナーがたっぷり
だから
◎絵本から読み物への移行期にピッタリ
◎このシリーズをきっかけに本を読むようになったと評判
◎学校の朝読や推薦図書にも選ばれています

原案:カバヤ食品株式会社で累計3500万個を販売する大人気玩具菓子「ほねほねザウルス」。
書籍:玩具菓子のキャラクターをイラストで描き起こし、子ども向けの冒険物語にしたのが、岩崎書店の「ほねほねザウルス」シリーズ。
主要キャラ:ティラノサウルスのベビーと、その親友トリケラトプスのトップスとステゴザウルスのゴンちゃん
構成:仲間とともに困難を乗り越えるストーリーに、コマ漫画やクイズが盛り込まれた、読者参加型の読み物シリーズ。各巻1話完結で、海、ジャングル、地底…と巻ごとに舞台が変わり、ユニークなほねほねキャラクターが登場する(※14・15巻は前後篇)。
刊行開始:2008年4月 第1巻刊行
商品点数:23点(本編19点、玩具図鑑2点、恐竜博物館1点、すごろく1点)
累計部数:150万部
読者対象:小学校低学年~中学年
商品体裁:A5判(22×16cm)・88~104頁
商品価格:各本体980円+税(すごろくのみ34×26cm、本体800円+税)

[画像11: https://prtimes.jp/i/35751/7/resize/d35751-7-189753-0.jpg ]


◆新刊情報
書名:『ほねほねザウルス19 ひかりのきょじんとやみのドラゴン』
著者:ぐるーぷ・アンモナイツ
監修:カバヤ食品株式会社
定価:本体980円+税
判型:A5判/96頁/ハードカバー
ISBN:978-4-265-82050-4
発売日:2018年8月8日

・岩崎書店ホームページ 書誌情報ページ
https://www.iwasakishoten.co.jp/special/contents/82050/
・Amazon 書誌情報ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/4265820506/


◆著者紹介
著者:ぐるーぷ・アンモナイツ(ぐるーぷ・あんもないつ)
「ほねほねザウルス」書籍化にあたっての、大﨑悌造と今井修二のユニット。
◎構成・文:大﨑悌造(おおさき・ていぞう)
1959年香川県生まれ。早稲田大学卒。1985年に漫画原作者として文筆活動を開始。 また、子どものころから大好きだった恐竜、怪獣、妖怪などの本の制作にも数多くかかわる。 ほかにも、歴史(日本史)や昭和の子ども文化に関する本を執筆。児童書の著作に『ようかいとりものちょう』(岩崎書店)がある。
◎作画:今井修司(いまい・しゅうじ)
1963年北海道生まれ。イラストレーター。高校在学中より、児童向け書籍などに絵を描きはじめる。イラスト制作のほか、家庭用ゲームのプロダクションデザインなどを手がける。さし絵の仕事に、冒険ファンタジー名作選『月世界最初の人間』、SF名作コレクション『タイムマシン』(ともに岩崎書店)などがある。
◎企画協力:ドクター・ヨッシー 

原案・監修:カバヤ食品株式会社(かばやしょくひんかぶしきがいしゃ)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング