ディスクコピーソフトの金字塔「DVDFab」の最新版 『DVDFab XI』シリーズ~ 2019年 6月20日(木)発売 ~

PR TIMES / 2019年6月13日 14時40分

ディスクコピーソフトの金字塔「DVDFab」の最新版 『DVDFab XI』シリーズ~ 2019年 6月20日(木)発売 ~



株式会社ジャングル(本社:東京都千代田区、代表取締役 高田晃子 以下、ジャングル)は、ブルーレイ(Blu-ray Disc)とDVDに対応した、ディスクトランスコード圧縮機能を搭載のディスクコピーソフト「DVDFabシリーズ」の最新版として、「DVDFab XIシリーズ」を 2019年 6月 20日(木)より発売します。


[画像1: https://prtimes.jp/i/37187/7/resize/d37187-7-941542-5.png ]


「DVDFabシリーズ」はブルーレイやDVDのメニュー構造を保持したまま、動画のみを圧縮するトランスコード圧縮技術を標準装備し、片面2層のブルーレイから片面1層のブルーレイにコピーできることが特長のディスクコピーソフトです。独自開発の高速化技術 DVDFab Turboエンジンや最新のハードウェアアクセラレーション技術により、ディスクコピーや動画変換にかかる時間の大幅な短縮を実現しています。

新機能・強化ポイント
スマホの動画を直接読み込み/書み込みができる!※1
iPhoneやiPadにはiTunesが必要でしたが、今バージョンよりDVDFabリモートがインストールされていれば直接読み込み・書き込みが可能になりました。もちろんAndroidでも可能です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/37187/7/resize/d37187-7-302378-1.png ]

※スマホアプリ「DVDFab リモート」はApp Store / Google Play より入手いただけます。

App Store : https://itunes.apple.com/jp/app/dvdfab-remote/id1202815221?mt=8
Google play : https://play.google.com/store/apps/details?id=org.dvdfab.phones&hl=ja

洗練された5つのスキン
フラットデザインを採用し、簡潔で使いやすい画面設計のもと、あらたな5つのスキンを用意致しました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/37187/7/resize/d37187-7-343738-4.png ]


動画変換後に、スマホ転送やYoutubeに公開 ※1
保存先をスマホやYoutubeといった外部設定が可能になりました。事前にYoutubeのアカウント設定をする必要はありますが、自動的に公開することができます。

主な特長
【ディスクコピー】

●基本コピー

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/37187/table/7_1.jpg ]



●こだわりコピー

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/37187/table/7_2.jpg ]


※CPRM が施されたディスクは利用できません。

【動画変換】※1
●最新デバイスに対応
ブルーレイやDVDに収録されているコンテンツやパソコンに保存された動画ファイルを、さまざまなファイル形式に簡単に変換できます。iPhone XS/XRなど、最新のデバイスに対応した豊富なプリセットの中から、観たい機器を選択するだけで最適なフォーマットに自動で変換されます。
iPhone / Android / PS4 / Xbox One など
●変換したファイルをスマホへ転送
スマートフォンに、スマートフォン用アプリの「DVDFab リモート」をインストールしておくことで変換設定時にスマートフォンへ転送する設定をすることができます。
●4K(UltraHD)入出力
Full HD の 4倍のデータを持つ 4K (Ultra HD) 動画ファイルの入出力に対応。
視聴したい機器に合わせたフォーマットに変換することで、美しい映像をお楽しみいただけます。
●H.265/HEVC対応
新世代ビデオ圧縮フォーマット H.265 形式のファイル出力が可能。
30GB の ブルーレイのコンテンツを美しいままに 500MB のビデオファイルに圧縮できます。
●「DVDFab Lightning-Shrink」で高速変換
NVIDIA CUDA や Intel Quick Sync を利用して ブルーレイのリッピングやフォーマット変換にかかる時間を大幅に短縮することができます。
●動画編集対応
動画ファイルのトリミング、クロップ、ウォーターマーク、字幕の追加が可能です。
4:3 動画を 16:9 画面で観たときの左右の黒い部分のカット、ウォーターマークを入れるなど、さまざまな活用が行えます。
また、Blu-ray 3D 映像を 3D 効果を維持したまま AVI / MP4 / WMV(Windows版のみ) / MKV の各形式へ変換する機能と、2D 映像を 3D 化する機能を搭載。さらに ブルーレイ や DVD から音声のみを抽出してファイルフォーマット変換、オーディオレベルの調整にも対応。7.1ch までのマルチチャンネルの音声出力も可能です。

【出力音声ファイル形式】MP3、MP4、M4A、WMA(Windows版のみ)、WAV、AAC、AC3*、DTS*
*:パススルーのみ

その他の動画編集機能
●チャプターごとの分割出力 ●指定チャプター/タイトルのみ出力
●アスペクト比設定 ●固定/可変ビットレート設定
●M2TSを無劣化で抽出可能 ●音声のみ抽出・出力
●1Pass/2Passエンコード ●動画アップスケーリング

【ディスク作成】※1
●動画ファイルからブルーレイや DVD のディスクを作成
パソコンに保存されている動画ファイルから、チャプターメニューや字幕などを入れたオリジナルディスクを作成できます。ブルーレイや DVD の作成はもちろん、複数の動画を1枚のディスクにまとめることも可能です。

その他の便利機能
●仮想ドライブ「DVDFab Virtual Drive」(Windows版のみ)
光学ドライブを搭載していないパソコンでも、「DVDFab Virtual Drive」を利用すればブルーレイやDVDのイメージファイル(ISO ファイル)をマウントさせることができます。
※別途インストールが必要です
●Blu-rayのディスク情報を確認できる「DVDFab BDInfo」
ブルーレイディスク情報の概要として、ブルーレイディスクの動画と音声技術スペックを採用し、ディスクのサイズ、再生リスト、ストリームコーデック、ビットレートや保護情報などの詳細な情報を含んでいます。ブルーレイをコピーできた後、コピーしたディスクのタイトル、動画と音声のビットレートやコーデックなどの詳細な情報を確認することができます。
●ディスク情報を確認できる「DVDFab Inspector」(Windows版のみ)
CD、DVD、ブルーレイに関する様々な情報をレポートします。ドライブの一般的な情報、またリーダーやライターの特徴、メディア情報、ファイルとセクターの情報、パソコンのシステム情報などを確認できます。

●Intel Quick Sync Video、NVIDIA CUDA、ATI Streamサポート
●オートシャットダウン
●マルチコアCPU対応
※1:DVDFab XI プレミアムのみの機能

製品紹介ページURL
『DVDFab XI シリーズ』
https://www.junglejapan.com/dvdfab/
ジャングルホームページ
https://www.junglejapan.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング