「MLB ホームランダービー VR 日本大会」決勝大会を9月1日にイオンモール幕張新都心で開催

PR TIMES / 2019年8月13日 12時40分

全国5都市での予選大会を勝ち抜いた14名が初代日本一の座を競う!

メジャーリーグベースボール ジャパン(代表:川上 紗実、所在地:東京都港区)は、日本国内における野球文化の発展に貢献するため、誰でも気軽に参加して楽しむことができる「MLB ホームランダービー VR 日本大会 supported by AEON MALL」の決勝大会を2019年9月1日(日)にイオンモール幕張新都心で開催します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/44169/7/resize/d44169-7-262326-0.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/44169/7/resize/d44169-7-848164-5.jpg ]

広島・名古屋・名取・福岡・千葉の5都市で開催された予選大会には計約4000名が参加。各都市で最高得点を獲得した2名が地区代表(千葉開催のみ上位6名)として、初代日本一の座をかけて、決勝大会に臨みます。
見事日本一に輝いた優勝者は、本場アメリカのメジャーリーグ ベースボールのお好きなチームのお好きなスタジアムの観戦にペアでご招待(予定)します。(2019年レギュラーシーズン中)


当日は元MLB選手のウォーレン・クロマティ氏によるトークショーも行われ、ホームランを打つための秘訣など、将来野球選手を目指す子どもたちはもちろん、大人もワクワクするようなトークを繰り広げます。
また、会場に併設されるMLBミニミュージアムでは、過去のMLB選手のユニフォームやバット、グラブなどの貴重なアイテムの展示なども予定しています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/44169/7/resize/d44169-7-928778-4.jpg ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/44169/7/resize/d44169-7-159025-3.jpg ]


メジャーリーグベースボール ジャパンでは、今後もファンの皆様に楽しんでいただける機会を作っていきたいと考えています。


■ホームランダービー VRとは
子どもから大人まで楽しめる臨場感あふれる体感型VRゲームです。ゲーム内では、今年7月9日にMLBオールスターが開催されたクリーブランドのプログレッシブ・フィールドの打席に立つことができます。参加者はVRデバイスを装着しセンサーバットでスイングすることで、ホームランの数・ホームランの距離・ボーナスポイント等を獲得し、得点が計算されます。1プレイ90秒間の合計得点によって順位を決定します。
[画像5: https://prtimes.jp/i/44169/7/resize/d44169-7-341298-1.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/44169/7/resize/d44169-7-992555-2.jpg ]


【MLB ホームランダービー VR 日本大会 supported by AEON MALL開催概要】

■ 名称:MLB ホームランダービー VR 日本大会 supported by AEON MALL
■ 公式サイト: http://www.mlb.jp/mlb_homerun_dervy_vr/
■ プログラム:
 ・MLB ホームランダービー VR決勝大会
 ・ウォーレン・クロマティ氏によるトークショー
 ・MLBミニミュージアム
■ 開催日時/会場
2019年9月1日(日) 10時00分~18時00分/イオンモール幕張新都心(千葉県千葉市)
[ウォーレン・クロマティ氏によるトークショー]
 2019年9月1日(日) 13時00分~13時20分ごろ(予定)
■ 順位の決定:1プレイ90秒間の合計得点により順位を競います。
■ 優勝賞品:
 ・メジャーリーグ ベースボールのお好きなチームの
  お好きなスタジアムの観戦にペアでご招待予定(2019年レギュラーシーズン中)
 ・大会オリジナル MLB公式木製バット
■ 主催:メジャーリーグ ベースボール ジャパン
■ 特別協賛:イオンモール株式会社
■ 協賛:株式会社シミズオクト
■ 協力:株式会社Project White(TSUKUMO)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング