「Walkability Index」をLIFULL HOME'S の物件周辺の徒歩圏内環境を評価したスコアとして掲載

PR TIMES / 2020年9月9日 15時45分

”暮らしやすさ” から住まいを選ぶ、新たな指標としての有用性を検証開始

株式会社日建設計総合研究所(代表取締役 朝倉博樹)が国立大学法人東京大学 空間情報科学研究センター 不動産情報科学研究部門(清水千弘特任教授)監修のもと開発した『Walkability Index』(特許出願中)が、株式会社LIFULL(ライフル)の情報サイトに、徒歩圏内環境を評価したスコアとして掲載されます。



2020年9月8日(火)より、株式会社LIFULLが不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」の「不動産アーカイブ」および「住まいインデックス」にて、暮らしやすさの観点から物件周辺の徒歩圏内環境を評価したスコア「Walkability Index」の提供を開始しました。
”暮らしやすさ”から住まいを選ぶ、新たな指標としての有用性の検証が行われます。詳細については、株式会社LIFULL( https://lifull.com/news/)にてご確認ください。

◇ 不動産アーカイブ: https://www.homes.co.jp/archive/
◇ 住まいインデックス: https://lifullhomes-index.jp/

[画像: https://prtimes.jp/i/48145/7/resize/d48145-7-560861-0.png ]



https://prtimes.jp/a/?f=d48145-20200909-3637.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング