仕事と妊娠出産時期などのライフプランの両立に悩んでいる女性は約9割!女性が本当に働きやすいと感じる職場環境とは?

PR TIMES / 2020年12月25日 18時15分

ワークライフバランスを重視した制度整備が必要に

妊活 不妊治療のクリニック・病院検索サイト「婦人科ラボ( https://www.fujinka-lab.com/)」を運営する株式会社ステルラ(本社:東京都千代田区 代表取締役:西 史織)は、働く女性:20代~40代の421人を対象に「仕事と妊娠の両立について」の独自アンケート調査を行いました。

その結果、「仕事での昇進その他を考えて、結婚や妊娠のタイミングに悩んでいる」女性は、約9割(88.6%)もいました。また、「転職を考える際に妊娠に関する福利厚生があると有利に働くか」という質問には、約5割以上(53.8%)が「有利に働く」と答えており、女性活躍とともに少子化が進む日本で、今後の企業のあり方が問われています。



※本リリースの調査結果をご利用いただく際は、必ず「株式会社ステルラ調べ」とご明記ください。
[画像1: https://prtimes.jp/i/48815/7/resize/d48815-7-570613-15.png ]



<調査サマリー>

約9割が悩む「仕事と妊娠の両立」。将来への不安がキャリア選びにも影響
転職の際には女性ならではの制度があることは必須?!不妊治療等の妊娠に関する制度があることは、約5割が「転職に有利にはたらく」と回答
女性がもっと働きやすく自己実現しやすくなるには、性別を超えた多くの人の理解が必要



<調査内容>



約9割が悩む「仕事と妊娠の両立」。将来への不安がキャリア選びにも影響


仕事と妊娠のタイミングは、おそらく今までも多くの女性が悩んできた問題。今独身でも、「将来に向けて不安に思っている」といった意見も。この悩みは、キャリア選びにも影響しています。


[画像2: https://prtimes.jp/i/48815/7/resize/d48815-7-584157-19.png ]


結婚や妊娠のタイミングに悩む女性に、具体的にどんなことに悩んでいるのか聞いてみると、まさに仕事とライフプランを天秤にかけなければいけない状況が見えてきました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/48815/7/resize/d48815-7-464681-27.png ]



さらに、実際に過去に結婚や妊娠のタイミングに悩んだ女性からは下記のような辛辣な状況も伺えました。


[画像4: https://prtimes.jp/i/48815/7/resize/d48815-7-649943-26.png ]


また、将来のタイミングや転職のために悩んでいるといった意見も多くありました。

[画像5: https://prtimes.jp/i/48815/7/resize/d48815-7-191366-28.png ]




転職の際には女性ならではの制度があることは必須?!不妊治療等の妊娠に関する制度があることは、約5割が「転職に有利にはたらく」と回答


今の状況や将来のタイミングへの悩みから、転職の際にはやはり「女性ならではの制度を重視する」といった声が多いのも事実です。
今回のアンケートでは、約8割が「転職活動の際に女性ならではの特別な制度があることは有利にはたらく」と回答。
その中でも、具体的に「不妊治療等に対する費用補助制度があることは有利にはたらくか?」という質問には、約5割が「転職に有利に働く」と回答。

[画像6: https://prtimes.jp/i/48815/7/resize/d48815-7-416910-22.png ]




不妊治療や卵子凍結といった直接的に妊娠に関わる医療への費用補助については、ポジティブな意見が約半数見られました。


[画像7: https://prtimes.jp/i/48815/7/resize/d48815-7-287577-30.png ]


一方で、費用補助に対するネガティブな意見も。
[画像8: https://prtimes.jp/i/48815/7/resize/d48815-7-810734-29.png ]




女性がもっと働きやすく自己実現しやすくなるには、性別を超えた多くの人の理解が必要

では、どうしたらより多くの女性が働きやすい社会になるのか?今回のアンケートでは、働く女性自身にこの質問を問いかけてみました。すると、多くの方が「周りの理解の必要性」と「制度の在り方」に対して言及していました。

[画像9: https://prtimes.jp/i/48815/7/resize/d48815-7-180464-24.png ]




いただいたコメントを見てみると、女性が働きやすい社会になるには、性別を超えた理解が必要と感じている方が多いようです。




総括


今回の調査結果では、働く女性が仕事と妊娠の両立について悩んでいる具体的な内容と企業に求めるものがわかりました。現在所属している会社が働きやすいと感じている女性は多くいる一方で、ライフプランとの両立に悩み、昇進や結婚・妊娠において何かしらを諦めている方も多くいました。

企業の制度としてワークライフバランスの形をどこまでライフへ寄った制度にするのかは難しい判断ではあります。しかし、今までが男性中心に設計された制度・社会だということを鑑みて、今後は"女性が本当に働きやすい環境"を考えていく必要があると思います。

また、今回の調査からは、女性の働きやすい環境を整えるということは、女性だけでなく性別を超えた全ての人が働きやすい環境に繋がるということが言えると思います。多くの企業は、従来の制度の枠組みに捉われることなく、柔軟に考えていく必要があると考えます。


株式会社ステルラは、”全てのライフステージと自分らしさが共存する社会を創る”をビジョンに、妊活 不妊治療のクリニック・病院検索サイト「婦人科ラボ( https://www.fujinka-lab.com/)」を運営しています。
ステルラは、働く女性・いつかママになりたい女性を応援します。




アンケート概要

※本リリースの調査結果をご利用いただく際は、必ず「株式会社ステルラ調べ」とご明記ください。

期間:2019年12月8~22日(14日間)
有効回答数:421名
調査対象:20代~40代の働く女性(独身28%、既婚/子供あり39%、既婚/子供なし33%)


[画像10: https://prtimes.jp/i/48815/7/resize/d48815-7-946194-23.png ]



<株式会社ステルラについて>
社名:株式会社ステルラ
代表者:代表取締役 西 史織
本社所在地:〒101-0047 東京都千代田区内神田1-8-9-2F
HP: https://sutelura.jp/
事業内容:妊活サービスの運営、クリニックの集客支援

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング