国内過去最大の会員ポイントキャンペーン「アスコット スター リワーズ ポイント5倍及び8万ボーナスポイント」スタート

PR TIMES / 2020年7月1日 14時40分

― 世界30カ国11万室以上を展開する宿泊施設オーナー兼オペレーター アスコット社 ―

 アジア最大規模の不動産グループ キャピタランド(CapitaLand Limited/本社:シンガポール、最高経営責任者 リー・チー・クン)の宿泊ビジネス部門であるアスコット社(The Ascott Limited/本社:シンガポール、最高経営責任者 ケビン・ゴー)は、2020年7月1日より、ロイヤリティプログラム「アスコット スター リワーズ」のポイント付与率が国内過去最大となるキャンペーンをスタートします。アスコット社の国内宿泊施設を公式サイトから予約し宿泊するとポイント5倍付与、さらに宿泊料金が10%オフとなります。また、1か月以上の長期滞在の新規ご契約で、8万ボーナスポイント(約16,000円相当)付与も同時に実施いたします。これまでにないお得なキャンペーンは、2020年12月のご滞在まで適用されます。



[画像1: https://prtimes.jp/i/50125/7/resize/d50125-7-458536-4.jpg ]

 アスコット社のロイヤリティプログラム「アスコット スター リワーズ(Ascott Star Rewards、以下ASR)」は、世界各地にある45,000以上のASR加盟施設に宿泊するたびにASRポイントが貯まります。さらにASRメンバーは、最安値料金が適用になり、メンバー限定割引や多彩な特典も利用できます。公式サイトからの直接予約で、宿泊費 1 シンガポールドルお支払いごとにメンバーランクに基づいたポイントが付与され、貯まったポイントは、無料のご宿泊または客室のアップグレードに利用したり、ポイントと現金を併用して宿泊代をお支払いいただくことも可能です。最低交換ポイント設定や除外日はありません。その他、パートナー企業のポイントや特典との交換、慈善活動への寄付など、お客様自身で活用法をお選びいただける、フレキシブルなプログラムです。登録は無料、公式サイトから登録後、その日のご予約からポイント付与対象となります。

 ASRポイント5倍キャンペーンの対象期間は2020年7月1日から2020年12月30日のご滞在、8万ボーナスポイントの対象期間は2020年7月1日から2020年12月31日のご滞在となります。適用される施設は、アスコット社の最上級ブランド「アスコット丸の内東京」の他、「シタディーン新宿東京」「シタディーンセントラル新宿東京」「シタディーン京都烏丸五条」「シタディーンなんば大阪」となります。「サマセット麻布イースト東京」「サマセット銀座イースト東京」「サマセット品川東京」は、8万ボーナスポイントのみ適用されます。※ASRポイント5倍と8万ボーナスポイントは併用できません。
 更に、ASRポイント5倍キャンペーンでご宿泊いただくと、アーリーチェックイン・レイトチェックアウト、客室のアップグレードが無料でご利用いただけます。(空き状況による)
 キャンペーンの詳細は公式サイト https://www.the-ascott.com/ja.html をご確認ください。

 また、ASRでは新たにポイントを購入できるプログラムを開始しました。購入金額ごとに、25%から最大100%のフリーボーナスポイントが加算され、ご家族やご友人にポイントを贈ることも可能です。2020年8月31日まで購入でき、2年以内であれば、世界30ヵ国以上のASR加盟サービスレジデンスやホテルでご利用いただけます。
 更に、アスコット社のフェイスブックページでは総額1,500シンガポールドル(約12万円)相当のASRポイントが3名に当たるプレゼントキャンペーンも実施中です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/50125/7/resize/d50125-7-977579-2.jpg ]

 2019年のASRの開始以来、ASRメンバーの公式サイトからの直接予約数は4倍になり、ASRメンバー数も3倍になりました。現在、アスコット社の公式サイトを介した予約の90%はASRメンバーによって行われており、ASRのお得なプログラムは多数のお客様からご支持をいただいています。

―――――
[画像3: https://prtimes.jp/i/50125/7/resize/d50125-7-675616-3.jpg ]

アスコット社は、お客様に安全な第二の我が家をご提供し、スタッフの安全な作業環境を整え続けるため、厳しい衛生基準と清潔さを維持し安全な社会的距離を保つ「Ascott Cares(アスコット・ケアーズ)」を立ち上げました。 「アスコット・ケアーズ」は、世界保健機関(WHO)の基準と地域の規制に準拠しています。2020年6月から順次、アスコット社の世界中の施設に展開されています。
詳細については、 https://www.the-ascott.com/ja/ascottcares.html をご覧ください。


―――――

アスコット社(The Ascott Limited)概要

 アスコット社はシンガポールに本社を置き、世界展開する宿泊施設のオーナー兼オペレーターとして業界をリードする企業のひとつです。アスコット社の物件は、アジア・パシフィック、セントラル・アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカそしてアメリカの30ヵ国180都市以上に広がり、約70,000室を運営、48,000室以上が計画・開発段階にあり、計700物件以上約118,000室に及びます。サービスレジデンスおよびホテルのブランドとして、「アスコット ザ レジデンス」「ザ クレスト コレクション」「サマセット」「クエスト」「シタディーン」「ライフ」「プリファレンス」「ヴァーチュ」「ハリス」「シタディーン コネクト」「フォックス」「イエロー」「ポップ!」を展開しています。
 アスコット社はキャピタランド社の完全子会社であり、1984年に「ザ アスコット シンガポール」をオープンしたことで、アジア・パシフィックにおける国際レベルのサービスレジデンスの先駆けとなりました。現在に至るまで30年以上の業界実績と受賞歴を誇り、世界中で認知されています。近年ではDestinAsian Readers’ Choice Awards 2020 にて「Best Serviced Residence Brand」を受賞した他、多くの賞を受賞しております。
 日本では2002年に株式会社アスコットジャパンとして展開を開始しました。現在は「アスコット」を東京に1軒、「シタディーン」を東京に2軒と京都に1軒、大阪に1軒、「サマセット」を東京に3軒展開しています。加えて、日本初上陸のコリビングホテルブランド「ライフ」を2021年初頭に福岡に、「シタディーン」を2023年夏に神奈川に開業予定です。


キャピタランド(CapitaLand Limited)概要

 キャピタランドは、本社をシンガポールに置き、シンガポール株式市場に上場する、アジア最大規模の不動産グループの1つです。商業、小売、ビジネスパーク、産業と物流、総合開発、都市開発、宿泊施設と住宅を含む多角的な不動産群から成る、全世界で1,319億シンガポールドル相当(2019年12月31日時点)を超える資産を所有・運用しています。キャピタランド・グループとしては、世界30カ国200以上の都市で事業を展開しており、シンガポールおよび中国の市場を主軸としつつ、インド、ベトナム、オーストラリア、ヨーロッパ、アメリカといった市場で拡大を続けています。
 キャピタランドは、世界最大の不動産投資管理ビジネスの1つを持っています。上場不動産投資信託(REITs)7銘柄とビジネストラスト、および20を超えるプライベートファンドを管理しています。キャピタランド・モール・トラストが2002年に上場し、シンガポールでREITsを開拓して以来、キャピタランドのREITsとビジネストラストは、アセンダス・リアル・エステート・インベストメント・トラスト、キャピタランド・コマーシャル・トラスト、アスコット・レジデンス・トラスト、キャピタランド・リテール・チャイナ・トラスト、アセンダス・インド・トラスト、キャピタランド・マレーシア・モール・トラストまで拡大しました。詳細についてはwww.capitaland.com をご覧ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング