「超濃縮1ヶ月オンライン完結プログラム UNERI Social Impact」が終了し、1期開講に向けたパートナー企業様の募集を開始します。

PR TIMES / 2020年12月29日 11時15分

先輩社会起業家やインパクト投資家とのブラッシュアップを経た1ヶ月間。約10人の0期生が終了し、1期開講に向けたパートナー企業様を募集致します。

名古屋から社会起業家のエコシステムを耕す「株式会社UNERI」(本社:愛知県名古屋市 代表取締役 :河合将樹)は、社会起業家向けプログラム「UNERI Social Impact ~絶対に笑顔にしたい人のため、私は社会起業家として挑む~」を開催したことを報告し、1期開講に向けたパートナー企業様の募集を開始致します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/62589/7/resize/d62589-7-214134-0.png ]



今回の開催背景

近年イノベーション創出の担い手が不足している背景から、代表的な担い手である起業家を増やすため、様々な起業家育成プログラムやインキュベーションプログラム、アクセラレータープログラム等が日本中で急増しています。
しかし、社会課題解決起点や、実現したい社会の為に起業を目指す方々を包括的にカバーできる機会が少ないことに、我々としては問題意識を感じていました。


[画像2: https://prtimes.jp/i/62589/7/resize/d62589-7-442625-6.png ]

そこで、NPO法人や一般社団法人、株式会社などあらゆる法人形態での起業を目指す起業家・既に起業済み(創業2年未満)の方々を対象に、「これだけは知っておきたかった」というTipsを短期集中で学べる機会を作る為、「UNERI Social Impact」を開催することに致しました。
参加者のテーマも様々で、精神疾患、LGBTQ×住居、小学生向け教育事業、空き家問題、看護学生特化のキャリア支援など、社会性の高い事業ばかりでした。


一歩先を歩む「先輩社会起業家」からのブラッシュアップ

DAY3では、虐待サバイバー事業に挑んでいる株式会社RASHISA代表取締役の岡本翔氏にお越し頂きました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/62589/7/resize/d62589-7-459445-1.png ]

近年では、社会課題解決を「株式会社」で挑む起業家が増えてきている一方で、どのような観点で法人格を使い分けるべきかを学べる機会は極めて少ないです。
そのような背景から今回は、「株式会社」として既に事業を立ち上げ、一歩先を歩む先輩社会起業家にお越し頂き、社会起業家特有のマネタイズの難しさや現在までの生い立ちをテーマに講演を頂いた後、全員とのメンタリングを実施しました。
(株式会社RASHISAの詳細はこちら: https://rashisa123.com/


日本でも稀有な「インパクト投資家」からのブラッシュアップ

DAY5では、インパクト投資を行う一般財団法人KIBOWインパクト・インベストメント・チーム ディレクター
を務めている、山中礼二氏にお越し頂きました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/62589/7/resize/d62589-7-183977-3.png ]

社会性の高い会社に投資する手法の1つに、「インパクト投資」が存在しています。
しかしながら、2020年度『インパクト投資消費者意識調査』によると、「インパクト投資」の認知度は6.1%という極めて低い現状があります。

【インパクト投資の定義】
インパクト投資とは、財務的リターンと並行して、ポジティブで測定可能な社会的及び環境的インパクトを同時に生み出すことを意図する投資行動を指します。従来、投資は「リスク」と「リターン」という2つの軸により価値判断が下されてきました。これに「インパクト」という第3の軸を取り入れた投資、かつ、事業や活動の成果として生じる社会的・環境的な変化や効果を把握し、社会的なリターンと財務的なリターンの双方を両立させることを意図した投資を、インパクト投資と呼びます。(引用:GSG国内諮問委員会)

そこで創業直前・直後の社会起業家に、親和性が高いインパクト投資家の存在を知ってもらい、今後に繋がる機会を創出する為、黎明期より長年活動されている山中礼二氏にお越し頂き、DAY3と同様全員とメンタリングを実施しました。
(一般財団法人KIBOWの詳細はこちら: http://kibowproject.jp/


今後のUNERIに関して:パートナー企業様を募集中

今後UNERIでは、このプログラムを基軸に名古屋から国際的な潮流であるインパクト投資の対象に成り得る起業家が生まれ続ける仕組みを構築してまいります。したがって、プログラムを持続可能な形で維持向上する為のパートナー企業様(スポンサー企業様)を現在探しております。SDGs達成の最重要ステークホルダーである社会起業家と共に、長期的な関係性を視野に入れながら未来を築く気持ちのある皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。


【相性の良いパートナー企業様の例】
CSRの枠組みを越えて、SDGsの達成に会社を上げて注力していきたい。
名古屋から社会課題ど真ん中で挑む起業家と一緒に学びたい。
投資、融資を受ける一歩前段階の起業家と接点を持ちたい。


募集期間の締切:2021年1月8日(金)23時59分(日本時間)
相談及び申込フォーム: https://forms.gle/R76uvNNpsByQjtfi7
(申込フォーム以外でのお問い合わせ先:pr@uneri.co.jp)



株式会社UNERI 代表取締役 河合将樹のコメント


[画像5: https://prtimes.jp/i/62589/7/resize/d62589-7-938726-4.jpg ]

「起業家」という言葉には、既に多くの手垢が付いています。社会起業家という言葉も同様です。
中でも我々は、「笑顔にしたい人のため、立ち上がる」という起業家に焦点をあてて今回のプログラムを立ち上げました。N=1が起点で起業をすることは、対象者の顔が明確であるために、手段である事業のピボットも容易に決断できます。しかしながら社会課題ど真ん中のテーマは、一般的なビジネスと比較して経済的リターンを得るまでに時間がかかる領域だからこそ、長期的な目線に立って、面的な数多くの支援が行き届く仕組みを構築し続けることが必須だと我々は考えており、この領域こそが日本で現状不足しているという実感があります。
弊社としては、この領域の層が厚くなる為に全力で立ち向かっていく所存ですので、共感頂ける関係者の皆様、何卒お力添え頂けますと幸いです。

◆株式会社UNERIについて
[画像6: https://prtimes.jp/i/62589/7/resize/d62589-7-880575-5.png ]


<会社概要>
会社名 :株式会社UNERI
所在地 :愛知県名古屋市守山区小幡三丁目20番8号
設立:2020年5月14日
代表者 :河合将樹
URL: https://uneri.co.jp

◆本リリースに関するお問い合わせ
UNERI お問い合わせ窓口
Mail:pr@uneri.co.jp









企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング