1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

日・ベトナム経済連携協定(EPA)に基づくベトナム人看護師・介護福祉士候補者第10陣に対する訪日前日本語研修事業を受託

PR TIMES / 2021年7月20日 16時15分

「MEIKO GLOBAL」として培ってきた外国人に対するクオリティの高い教育を生かし、日・ベトナム間の経済連携及び相互理解の深化と両国関係の発展に寄与いたします

この度、明光ネットワークジャパン(東京都新宿区、代表取締役社長:山下 一仁、以下、明光ネットワークジャパン)は、「2021~2022年度経済連携協定(EPA)に基づくベトナム人看護師・介護福祉士候補者に対する訪日前日本語研修事業(第10陣)」に係る委託先として、外務省より採択され、本事業を受託することとなりました。



株式会社明光ネットワークジャパンは、外国人の雇用を行う企業に対し、採用支援から外国人への研修・自社開発のオンライン日本語学習教材を活用した日本語教育、外国人人材管理者に向けたマネジメント研修など、外国人雇用をトータルに支援するサービス「MEIKO GLOBAL」を提供しております。

[画像: https://prtimes.jp/i/71552/7/resize/d71552-7-48a6f1d640cdb551a6a6-0.png ]


本EPAに基づき日本に受け入れるベトナム人看護師・介護福祉士候補者に対し、日本語能力試験(JLPT)N3以上に合格させ、かつ、看護・介護の専門日本語を含む4技能(読む・書く・聞く・話す)の総合的な日本語能力、及び日本式看護・介護の専門知識・技能を含む日本の社会文化・職場適応能力を習得することを目的に、ベトナム国ハノイにて、12ヶ月の合宿形式および4ヶ月のオンライン形式の研修を提供します。

「MEIKO GLOBAL」が保有するノウハウ・経験を最大限に活用し、質の高い教育を提供してまいります。


■本事業受託の背景

ベトナム国内での日本語教育の強化や優秀なグローバル人材の育成に関する活動
明光ネットワークジャパンは、ベトナム国内での日本語教育の強化や優秀なグローバル人材の育成に関する活動を行っていく為に、ベトナムにおける外国語教育トップクラスであるハノイ大学と「人材交流とベトナム国内における日本語教育の充実に関する協力連携協定」を締結しております。

日本の看護・介護業界での就労を目指す外国人と既に看護・介護業界で働く外国人に向けた教育に関する活動
また、医療・介護業界へのサービス提供の品質を高める為、社会医療法人 愛仁会(大阪府大阪市、理事長:内藤 嘉之、以下、愛仁会)と包括的業務提携を締結し、日本の看護・介護業界での就労を目指す外国人と既に看護・介護業界で働く外国人に向けた教育に関する活動を行ってまいりました。


本事業においても、「MEIKO GLOBAL」で培ってきた外国人に対するクオリティの高い教育を提供していく役割を担います。本事業を通じて、ベトナム人看護師・介護福祉士候補者の活躍を支援することで、日・ベトナム間の経済連携及び相互理解が深まり、両国関係の発展に資することが期待されます。



研修事業の概要

研修の概要は下記の通りです。
研修期間 :2021年12月~2023年3月
研修場所 :未定(ベトナム国ハノイを想定)
開講式  :未定

また詳細が決定しましたら、あらためて公表いたします。



▶ 明光ネットワークジャパンについて

会社名:株式会社 明光ネットワークジャパン(東証1 部上場)
代表者:代表取締役社長 山下 一仁
所在地:東京都新宿区西新宿7丁目20番1号
事業内容:「教育・文化事業への貢献を通じて人づくりを目指す」、「フランチャイズノウハウの開発普及を通じて自己実現を支援する」という2つの経営理念を掲げ、「自立学習」「個別指導」方式による個別指導塾「明光義塾」を全国展開しております。日本語学校事業は、JCLI日本語学校・早稲田EDUの2校を運営。外国人を雇用する企業様に向け、人材紹介・研修サービス『MEIKO GLOBAL』とオンライン教育サービス『Japany』を展開しています。

<コーポレートサイトURL>
http://www.meikonet.co.jp

<MEIKO GLOBALホームページ>
https://meikoglobal.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング