1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

収穫期間はたったの3週間。冷凍は一切使用せず新鮮なブルーベリーが収穫できる期間だけ提供するブルーベリーの芦屋ぷりんを7月9日(金)より緊急発売

PR TIMES / 2021年7月6日 12時15分

丹波篠山の生産者、澤村さんが土にこだわり育てるブルーベリーの中でも果肉がしっかり、歯ざわりもよくプリンにマッチする品種フロリダスターを使用。アールグレイ味のプリンと絶妙にマッチした逸品が誕生。

兵庫県芦屋市西山町の「芦屋ぷりん」(合同会社とあっせ:芦屋市西山町7-4 代表:藤岡亜樹子)は、7月9日(金)より丹波篠山の生産者澤村さんとコラボレーションし、1年で3週間しか収穫できないプリンに合うブルーベリーを使ったブルーベリープリンを期間限定で提供いたします。ブルーベリーはフレッシュのみを使用するため、仕入れがなくなり次第終売となります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/75510/7/resize/d75510-7-ffd19019c934ac71a4c5-8.jpg ]


商品情報
ブルーベリーのは味わいも香りも穏やかでプリンにしてもその味を生かすことが難しい素材です。
ブルーベリーの優しい味わいをどうすれば引き立てることができるのかを数十回も試行錯誤してたどり着いたのがリンゴと紅茶の「香り」を活かした製法でした。
ブルーベリーを包み込むゼリーにフルーティーなリンゴの香りを添える事でより華やかになり。プリンは天然のベルガモットの香りが爽やかなアールグレイ味に仕立てることでより一層ブルーベリーの味わいを印象的に表現しました。

使用するブルーベリーの品種「フロリダスター」の特徴
果実は大粒で香りがとてもよく、甘み酸味のバランスが良い人気の高い品種
樹熟でも果肉がしっかりしているので歯触りも良く、断面が白く綺麗なのが特徴です。

商品名:芦屋ぷりん「ブルーベリー&アールグレイ」
売価:1個594円(税込)

■丹波篠山の澤村さんが土にこだわるブルーベリー


[画像2: https://prtimes.jp/i/75510/7/resize/d75510-7-7bb1c5221f5e5a975f8c-5.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/75510/7/resize/d75510-7-1c784dd7eca3733982da-7.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/75510/7/resize/d75510-7-28e3480ecee629261fa0-0.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/75510/7/resize/d75510-7-bee999cac3035a70377e-4.jpg ]

https://www.denden-nousan.com/
伝田農産
〒669-2422
兵庫県丹波篠山市後川上677−3

兵庫県丹波篠山市、標高310m、清流が流れる自然豊かな山間で、この地、この水でしか育たない美味しさを届けたい。この地に魅せられ夫婦二人三脚で農業をされています。
「作物は種さえ蒔けば育つ。育てよう大きくしようと考えずに少しだけ手を貸してやればよい。そうすれば勝手に育つ。」
この考えのもと、できる限り手をかけず自然に近い形でブルーベリーを育てています。
土の力を生かす、安全安心の無農薬栽培。兵庫県認証食品として「ひょうご安心ブランド」の審査基準をクリアしております。ブルーベリーも有機JAS認証です

■グランシェフ 藤岡敏夫の紹介


[画像6: https://prtimes.jp/i/75510/7/resize/d75510-7-15cc399019b362399901-13.jpg ]

 27才にて神戸住吉にスイーツショップをオープン以来一貫して守り続けた美味しいだけではなく、身体に優しいモノ作り。今では聞きなれた無添加やオーガニック、国産などという言葉ですが今から30年以上前に無添加や国産小麦、国産粗製糖などでのお菓子作り実践。その後、独学で料理の店をオープンし野菜の魅力にのめり込みオーガニックや無農薬無化学肥料の野菜、無添加で昔ながらの製法で作られた調味料を使った里山旬菜料理ささらいを運営。

藤岡 敏夫プロフィール
1978年~ パテシェ修行
1988年11月  西洋菓子 espace open
2003年6月  芦屋楽ぜん open
2007年9月  芦屋ぷりん とあっせ open
2011年3月  sasarai open
芦屋ぷりん とあっせ篠山店 open
2014年3月  とあっせ法人化

<受賞歴>
1981年 西日本洋菓子コンテスト 兵庫県知事賞受賞
1982年 スプラウト洋菓子デザインコンテスト東京 入賞
2009年 オンラインショッピングマスターズクラブ 新人賞(芦屋ぷりん とあっせ)
2011年 関西まちづくり賞(sasarai)

■芦屋ぷりんの5つのこだわり
1.無添加であること
添加物は基より香料までも一切使いません。食品である以上は、「美味しい」の前に「安心して食べられること」が不可欠な要素だと考えています。4つのシンプルな素材から成る芦屋ぷりん。
・ノンホモ低温殺菌牛乳
・非遺伝子組換え飼料鶏の卵
・無添加生クリーム
・オーガニック粗製糖
シンプルだからこそ本当に美味しい素材でなければ 美味しいプリンにはなりません。添加物を否定する訳ではありません。しかし、その陰で犠牲にして来た物もたくさん有ったはずです。私たち芦屋ぷりん とあっせは、手間を惜しまず時間をかけて一つ一つ丁寧に職人の手で作り上げます。

2.時代や環境にゆるがない信念
めまぐるしく変わって行く世の中、インターネットで商品を購入することが当たり前になりました。
しかし、そこで取り引きされる「品物」はいつの時代も変わりません。生産者の汗と努力の結晶を私たちが「卓越した技術力と最高の隠し味」で形にし、誠心誠意お客様に対応しています。いつの時代も「変わらなければいけない物」と決して「変わってはいけない信念」が有ると考えています。

3.偽りのない確かな素材であること
すべてに使用する素材が無添加で作られた誠実な食品でなければなりません。「素材の味が活きた美味しいプリン」を作る為には当然ながら素材の持ち味が決め手。牛乳、生クリーム、卵は生き物の恵みです。質より量が優先される現代において「当たり前のこと」が一番難しいのかもしれません。
私たち芦屋ぷりん とあっせでは出来る限り生産現場に出向き、生産現場の方々に直接話を聞き、自分達の目で確かめています。

4.卓越した技術と正直な心。心揺さぶられる感動を
いい素材が集まればそれで良いわけでは有りません。生命を育むことで出来上がる素材は季節ごと、 もっと言えば毎日状態が違います。同じレシピで同じように作っていては、心が揺さぶられる様な感動を伝えるプリンを創ることはできません。誰しも経験がある事と思いますが、「母の手料理は美味しい」心のこもった「お袋の味」です。ではなぜ、プロでもなく、何処ででも手に入る素材でプロの道具も使わずに美味しい料理を作る事が出来るのでしょうか?それは「大切な家族のために」「愛する人のために」と思う最高の隠し味が有るからです。「大切な家族のために」「愛する人のために」という気持ちを忘れることなく持ち続け、プリン一つ一つを大切に思い、食べて下さる方々の笑顔を思い浮かべる。それこそが「最高の隠し味」だと信じています。

5.芦屋人に認められた価値と約束
素材は基より製法やパッケージに至るまで妥協は一切許しません。だからこそ、食べた人々に感動を与え幸せに出来ると考えます。驚きの美味しさが感動を呼び、やがて笑顔で満たされる。これこそが「芦屋ぷりん」の使命なのです。芦屋ぷりんを食べた多くの方々がリピーターになって下さるのは「大きな感動と、あふれる笑顔」が有るからです。上質を知り尽くした芦屋人(あしやびと)に鍛え育てられ、認められた「芦屋品質」それが、 芦屋ぷりんなのです。

■今後の展開
芦屋ぷりんでは、創業以来変わらぬ素材・製法へのこだわりを持ちつづけながらも日々変化する情勢に合わせながら時代とともに進化してまいります。芦屋店を芦屋ぷりんのフラッグシップショップと位置づけ、近年注力しているインターネット通販を更に強化し芦屋ぷりんの販売を年間10万個の販売を目指してまいります。

■店舗概要
店名:芦屋ぷりん
住所:〒659-0083 兵庫県芦屋市西山町7−4
TEL・FAX:0797-22-1816
営業時間:10:00~18:00(定休日:毎週火・水曜日)
URL  https://www.ashiya-purin.com

■会社概要
商号 : 合同会社 とあっせ
代表社員:藤岡 亜樹子
所在地:兵庫県篠山市日置397
TEL・FAX:079-506-2280

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング