ファーウェイ・ジャパン 『STREAM Xフォトコンテスト』授賞作品決定

PR TIMES / 2013年10月1日 14時34分

1300点以上の作品がエントリー



世界有数のICTソリューション・プロバイダーである華為技術日本株式会社(以下、ファーウェイ・ジャパン)は、イー・アクセス株式会社(サービスブランド名:イー・モバイル)に向けて提供している「STREAM X(ストリーム エックス)(GL07S)」の夏キャンペーンとして、8月より‘楽しい夏’をテーマにスマートフォンで撮影された写真を対象とした『STREAM Xフォトコンテスト』を実施しました。 
この度、最終選考のゲスト審査員に今年の木村伊兵衛写真賞をはじめ数々の賞に輝いているフォトグラファー、百々新(ドドアラタ)さんを迎え、日本全国から寄せられた1300点以上の応募作品のなかから<最優秀グランプリ賞>をはじめとした授賞作品が決定致しました。


「ハンドセットのカメラ機能定着により、誰もが突然訪れるシャッターチャンスを24時間逃さない‘写真家’になる時代になりました。1,300 万画素裏面照射の積層型センサー “Exmor RS for mobile”とF 値2.2 レンズ搭載した‘STREAM X’をはじめとした最高の瞬間を美しく記録できるカメラは、素晴らしい‘一瞬’の価値をさらに高めます。」とデバイス プレジデント ゴ・ハは述べています。


<最優秀グランプリ賞>
タイトル:津軽海峡夕景 撮影:hs0415

百々さんの選評:津軽海峡と聞くだけで何か物語を感じてしまいます。写真には北の地の短い夏をイメージさせる雲が連なり、夕日が素晴らしい階調で定着されています。夕日の撮影は色味を最大限に引き出す露出の決定により引き出されます。遠景の港湾のクレーンに今の時勢を感じ、画面左に写るカモメのシルエットがアクセントになり旅情を感じます。写真の周辺の露出の落ち込みは画面を引き締め、見る人の目線を写真の中を巡らせます。今すぐカメラを持って旅に出たい思いに馳せられる写真です。

<最優秀グランプリ賞>をはじめとした審査結果は、ファーウェイ・ジャパンのウェブサイト(http://consumer.huawei.com/minisite/html/event/streamx_photocontest/index.html)でご覧いただけます。


「STREAM Xフォトコンテスト」ゲスト審査員プロフィール: 百々新(ドド アラタ)(フォトグラファー)


1974年、大阪府吹田市生まれ。1997年、大阪芸術大学写真学科卒。
2013年に第38回木村伊兵衛写真賞を受賞。その他、2000年、日本写真協会新人賞受賞。
2004年、NY ADC審査委員特別賞(WWF)を受賞。2009年にAPA広告賞特選賞、
2011年にAPA広告賞を受賞。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング