音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2012 夏の風物詩、逗子にオープン!音霊の季節到来!

PR TIMES / 2012年7月2日 12時48分



海の家ライブハウス「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2012」が、先月29日(金)に、関東一早い海開きをした神奈川県の逗子海岸にオープンした。東京都心から
下って、たった1時間でたどりつくアクセスの良いリゾート型ライブハウス。

初日は、主催者でもあるキマグレンによる「キマグレン 5th YEAR PARTY
~ON THE BEACH~」で、いち早く夏男2人が盛り上げた。2日目にあたる
6月30日には、moumoon、植村花菜による2マンライブ。2組のメンバー3人だけで奏でられた、荒井由実『やさしさに包まれたなら』のプレミアムセッションなど、ここでしか見られない豪華ライブとなった。そして3日目、7月1日は
毎年恒例の国内TOPクラスのDJ陣が集まるビーチパーティー、昼12時からの
スタートにも関わらず、続々とビーチにパーティーピーポーが集合。
DAISHI DANCEやSTUDIO APARTMENTの森田昌典、そしてイタリアから来日のSPANKERSなどらがオーディエンスを盛り上げた。

ビーチに建つこのライブハウス「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」は、足元は
砂浜そのままで水着も入場OK、出入りは自由という、フェスなのか、ライブ
ハウスなのか、自由度の高いライブイベントが楽しめる。

66日連続ライブの「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2012」は、残り63公演。

アーティストが奏でる演奏に加わる波音、時折ライブハウスの窓から入る
潮風がとにかく気持ちいい。他では感じられないライブが絶対に見られる!
ワンシーズン、一度だけでなく是非遊びに行って欲しい。一度行くと
癖になること間違いなし。



●今後出演予定アーティスト(一部)
が~まるちょば/石野卓球/SHINICHI OSAWA/SPECIAL OTHERS(Acoustic Set)/→Pia-no-jaC←/ベッキー♪♯/mihimaru GT/シクラメン/豊満乃風/RYO the SKYWALKER/風男塾/☆Taku Takahashi(m-flo/block.fm)/TOMOYUKI TANAKA (FPM)/DAISHI DANCE/中田ヤスタカ(capsule)/DJ Ami Suzuki/ROCKETMAN/
荒牧陽子/角松敏生/MAY'S/DJ VERBAL(m-flo/TERIYAKI BOYZ(R))/DJ KENTARO/
根本 要/佐橋佳幸/鈴木雅之/℃-ute/平井大/清水翔太/青山テルマ/稲川淳二/藤井フミヤ/竹中直人/PUSHIM/Ms.OOJA/スキマスイッチ/miwa/一青窈/
ジャンク フジヤマ/BONNIE PINK/加藤登紀子/宮沢和史/細美武士/
ストレイテナー/SCANDAL/米倉利紀/つるの剛士/キマグレン




▼音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2012 概要
営業形態   : ライブハウス / 海の家 / レストラン
キャパシティ   : スタンディング:1000人 着席:500人
営業期間   : 2012年6月29日(金)~9月2日(日) 
66日期間限定
営業時間    : 11:00 ~ 21:00
ライブ時間   : 12:00 ~ 20:30(イベントにより異なる)
音楽ジャンル   : オールジャンル
お問い合わせ先   : OTODAMA運営事務局 
            TEL:046-870-6040(11:00~20:00)
オフィシャルサイト : http://www.otodama-beach.com/
 (PC/携帯/スマートフォン対応)

▼アクセス
■横浜駅から
京急線 横浜 → 金沢八景 → 新逗子 (約30分)
JR湘南新宿ライン・横須賀線 横浜 → 逗子 (約30分)

■ 渋谷駅から
JR湘南新宿ライン 渋谷 → 逗子 (約59分)
東急東横線 渋谷 → 横浜 (約25分)

■ 品川駅から
京急線 品川 → 金沢八景 → 新逗子 (約50分)
JR横須賀線 品川 → 逗子 (約59分)

■JR逗子駅、京急新逗子駅より徒歩約15分
お問い合わせ先:OTODAMA運営事務局 TEL:046-870-6040(11:00~20:00)
オフィシャルサイト:http://www.otodama-beach.com/ 
(PC/携帯/スマートフォン対応)



◆メディア関するお問い合わせ◆
株式会社 音遊  担当:小川、有永
TEL:046-870-6040 FAX:046-870-6041 MAIL:Kouhou@otodama-beach.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング