こけしを知って、買って、東北支援!「kokeshi pop ポップでカワイイこけしの世界」開催

PR TIMES / 2012年2月9日 10時38分



<伝統こけしって?>
「伝統こけし」は青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島の東北6 県が主な産地です。
元々は東北の木地師(木のお盆や器を作る職人さん)が副業として子どもの玩具として
作ったのがはじまりです。姿、形などにより、土湯、弥治郎、遠刈田、鳴子、作並、
山形、木地山、南部、津軽、蔵王高湯、肘折の大きく11 の体系に分けられています。

<日本の「カワイイ」のルーツ>
武井武雄、乙女文化の元祖=竹久夢二らにより、こけしの愛らしさは紹介され多くの
愛好家が生まれました。ポップでカワイイこけしの魅力は日本だけにとどまらず
イームズ夫妻、ブルーノ・タウト、ディック・ブルーナらもいち早く着目していました。彼らは日本のこけしをインテリアとして部屋に飾っており、
イームズ邸にかざられていた弥治郎系「こけし」は、「通称イームズこけし」として
復刻されています。世界に誇る日本の「カワイイ」のルーツが「こけし」にあるのでは
ないでしょうか?

<東北支援としてこけしを買ってみましょう>
こけしは工人(こうじん)と呼ばれる東北の職人さんにより1 点ずつ
手作りされています。伝統のこけし文化ですが、工人さんの高齢化と、
今回の東日本大震災により、このままでは多くのこけしの系統が消滅の危機にあります。この機会に「こけし」の魅力をひとりでもたくさんの人に知っていただきたいと
思います。そして東北支援のひとつの方法としてお気に入りのこけしを買ってみましょう。

【企画概要】
■タイトル:
kokeshi pop ポップでカワイイこけしの世界
■会 期:2012 年3 月2 日(金)~3月12日(月)
10:00-21:00 (最終日は18:00 閉場
■会 場:『パルコミュージアム』(渋谷パルコ・パート1・3F)
〒150-8377 東京都渋谷区宇田川町15-1
■お問い合わせ:03-3477-5873
■詳細URL:www.parco-art.com
■入場料 :無料
■主 催:パルコ
■特別協力:(財)東邦銀行文化財団 西田記念館
■協 力:イルフ童画館/ TOKYO FM/東京こけし友の会/KOKESHIEN!/青幻舎/
PIE International 他
■企画協力:COCHAE
■企画制作:ハクション

【ショップ】
本展はこけしを知ってもらって、そして買ってもらうことにより直接東北支援に
つながることもひとつの目的としています。お気に入りのこけしを見つけましょう。
売上の一部は、東北の被災者支援に寄付されます。本展オリジナル商品も販売します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング