JSA、◆7月19日(木)開催◆食の安全セミナー<第4回>食品中の放射性物質の測定方法の実際と食品トレーサビリティ★食の安全確保、消費者との信頼性確保をより確実なものとするために!★

PR TIMES / 2012年7月3日 9時19分



一般財団法人日本規格協会(東京都港区 理事長 田中正躬、以下JSA)は、2012年7月19日、「食の安全」に関するセミナーを開催します。産地偽装、消費期限の改ざんなど消費者の食の安全・安心を脅かす事件が多発しています。また、農水産物の放射性物質による汚染により、消費者の食の安全に対する信頼が揺らいでいます。

このような状況を受け、日本規格協会(JSA)では、食品中の放射性物質の新基準値への適切な対応、食品トレーサビリティの現状や管理強化について理解を深めていただき、フードチェーン全体で食の安全確保、消費者との信頼性向上をより確かなものとしていただくことを目的に本セミナーを企画いたしました。

今回のセミナーでは、食品中の放射性物質の新基準値適用後の測定方法の実際と精度管理ポイント、食品トレーサビリティの現状と広がるフードチェーンの管理強化について解説いたします。是非この機会に、皆様のご参加をお待ちいたしております。

また、JSAでは食品安全マネジメントシステム(FSMS)の国際規格(ISO22000)、解説書籍の販売をはじめ、食品安全規格に基づく評価・認証を行うサービスや、FSMSの理解に役立つセミナー・講習会を開催しております。是非、皆様の理解の一助としてご活用ください。

★セミナー概要★
食の安全セミナー【第4回】食品中の放射性物質の測定方法の実際と食品トレーサビリティ
■開催日時:2012年7月19日(木) 13時15分~16時40分
■開催会場:自動車会館 2F大会議室 (東京都千代田区九段南4-8-13)
■主な対象:食品メーカーをはじめとする食品産業のサプライチェーンに従事される方
■主な内容/講演者:
(1)食品中の放射性物質の新基準値とその測定
(財)日本食品分析センター 多摩研究所 衛生化学部 部長 野村 孝一 氏
(2)食品トレーサビリティの現状
DNVビジネス・アシュアランス・ジャパン(株) 横浜事務所長 清水 佐衣子 氏
■受講料:5,250円(税込)
■申込方法:JSAWebサイト(http://www.jsa.or.jp/)内、「食の安全セミナー」よりお申込みください。(http://www.jsa.or.jp/standard/meeting_02.asp?fn=fs4.htm


■JSAの食品安全関連の各種ご案内
【食品安全関連書籍】
◆食品安全マネジメントシステム(FSMS)関連規格・書籍
●やさしいシリーズ18 食品トレーサビリティシステム
▼詳細は当協会Web Storeにてご確認ください。
http://www.webstore.jsa.or.jp/lib/lib.asp?fn=/easy/easy06_04.htm

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング