今春の新社会人について「外国語に関する意識」を調査 。2012年の新社会人は“つながり重視”で語学学習!〜外国語に触れる“学習ツール”や、“機会の多様化”で、言葉への恐怖心は少ない!?〜

PR TIMES / 2012年3月27日 9時24分



ロゼッタストーン・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:塩濱 剛治/以下、ロゼッタストーン・ジャパン)は、2012年4月に就職予定の20歳以上の男女206名を対象に「外国語に関する意識調査」を実施しました。今回の調査により、今年の新社会人は「つながり重視」で語学を習得する傾向がみられました。

 なお、ロゼッタストーン・ジャパンでは、明日3月27日〜31日までの期間、「英語スタートキャンペーン」(URL: http://www.RosettaStone.co.jp/ )を実施し、お得なクーポンをプレゼントいたします。新社会人をはじめ、語学習得を目指す多くの皆様の新生活を応援してまいります。


<調査概要>  
・ 調査対象:2012年4月に就職を予定している日本国内在住の20歳以上の男女
・ 回 答 数: 206名(男性:68名/女性:138名)
・ 調査期間:2012年3月7日 ~ 3月8日  ※インターネット調査

<主な調査結果>
1.学びたい理由・きっかけは「プライベート充実」、「友達や恋人づくり」     
2.「英語で書かれたSNSでつながりを持って、読んでいる」=30.1%     
3.外国人に話しかけられたら「わかる範囲で英語で答える」=70.4%    
4. “試したい学習ツール“に「スマホ」=34%、学びたいのは「英語」が1位 
5. 「日本人が英語を身につけることが、海外との絆を強くする」=82.5% 


<調査結果>
1.学びたい理由・きっかけは「プライベート充実」、「友達や恋人づくり」     
‘新’ビジネスパーソンとして、「今後積極的に語学を学びたい理由」を聞いたところ、最も多かった回答は、「プライベートを充実されたいから」(37.9%)、続いて「ビジネスに活用したい」(34.5%)という結果になりました。これまで、語学は主にビジネスや勉強で必要なスキルのひとつとして習得されてきましたが、今回の結果を受けて、語学習得は「生活を豊かにするもの」という共通認識があることが浮き彫りになりました。

2.「英語で書かれたSNSでつながりを持って、読んでいる」=30.1%     
「SNSは利用していない」と回答した人は51.9%/107人。「SNSを利用している人」に関する回答を見ると、「英語で書かれたSNSでつながりを持って、読んでいる」人が30.1%/62人でトップ、「英語で書き込みをしている」人が14.1%/29人が続きました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング