【MoMA DESIGN STORE】MoMAコレクション収蔵記念「もじバケる」展 開催

PR TIMES / 2012年6月12日 12時38分



MoMA DESIGN STORE(運営本社:港区)では、2012年6月21日(木)~7月11日(水)の間、MoMAコレクション収蔵記念「もじバケる」展を開催予定。
2011年にニューヨーク近代美術館MoMAの永久収蔵品(MoMA Collection)に認定された、
株式会社バンダイの「超変換!!もじバケる」シリーズ、全ラインナップを展示・販売(一部を除く)します。

◆「超変換!!もじバケる」シリーズとは:
株式会社バンダイが2010年5月から発売している、“一文字の漢字”を組み替えて、その漢字を立体的な動物に“超変換”することができるオリジナル玩具菓子で、2012年4月に発売した第5弾「超変換!!もじバケる5」で累計販売数650万個を突破した大ヒットシリーズ。
漢字から動物への組み替え遊びができるコンセプトの面白さや、漢字を遊びながら覚えられる知育要素が話題となり、小学生男児を中心に、ホビー好きな大人まで幅広い世代からの好評を博しています。国内だけでなく、海外メディアからもそのデザイン性が評価され、2011年にMoMAコレクションに収蔵されました。

=====================================================================
 MoMAコレクション収蔵記念「もじバケる」展

◎ 開催期間:2012年6月21日(木)~7月11日(水)
◎ 開催店舗:
・MoMAデザインストア
      〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 3F
      TEL: 03-5468-5801
・MoMA STORE(http://www.momastore.jp
      イベント概要はこちら↓     
      (http://www.momastore.jp/page/news/store01.asp?shopcd=11111)
◎販売商品:
バンダイ「超変換!!もじバケる5」 販売価格:105円 ※参考イメージ:ハヤブサバケる
バンダイ「超変換!!もじバケる4」 販売価格:105円 ※参考イメージ:シカバケる
バンダイ「超変換!!もじバケる3」 販売価格:105円 ※参考イメージ:シシバケる
バンダイ「超変換!!もじバケる2」 販売価格:105円 ※参考イメージ:オオカミバケる

※ECサイトでは、アソート20個入りボックス(販売価格:2,100円)のみの販売となります。
「超変換!!もじバケる」ホームページ:http://www.bandai.co.jp/candy/mojibakeru/
=====================================================================

◆About MoMA:

ニューヨーク近代美術館(MoMA)は従来の保守的な美術館のあり方ではなく、近代美術専門の施設が必要、と強く考えた当時進歩的で且つ影響力を持つ3人の女性、リリー・P.ブリス(Miss lillie P. Bliss)、アビー・オルドリッチ・ロックフェラー(Abby Aldrich Rockefeller)、メアリー・クイン・サリバン(Mary Quinn Sullivan)によって1929 年に設立されました。以来、拡張を広げ2004 年11 月には、日本人建築家、谷口吉生の設計により58,500 m2 を擁し、従来の約2倍の収容力をもつ新生MoMA が誕生。年間250万人以上もの来館者が訪れNY で最も人気の高いランドマークと言われています。MoMA のコレクション(収蔵品)はモダンアートの殿堂と呼ばれるにふさわしく、絵画・彫刻、写真、建築・デザイン、版画・挿画本、ドローイング、フィルム・メディアの6 部門に分かれ、世界最大の20 万点を越す程に成長しました。又、MoMA では展覧会の他、幼児から専門家までの各層を対象に教育プログラムを実施してモダンアートに接するあらゆる機会を提供しています。

◆About MoMA DESIGN STORE:

MoMA DESIGN STORE
東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 3F
03-5468-5801
年中無休 11:00 - 20:00 (GYREに準ずる)
http://www.momastore.jp

The Museum of Modern Art (MoMA) 初の海外出店は東京・表参道。MoMAの代表的な商品と、限定商品を含む、美術館のコレクションを象徴するラインナップとなっています。
ニューヨークMoMAのメンバーシップ特典もご利用頂けます。



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング