WEB初!社台&ノーザンほか有力馬441頭の馬体写真を大量掲載!『ウマニティPOG』カラーパドック無料公開

PR TIMES / 2013年5月14日 16時53分

POGで馬券とはひと味ちがう競馬の楽しみ方を提案

株式会社ウマニティ(本社:東京都中央区 代表取締役CEO:地曳哲也)は、競馬予想SNSウマニティの新サービス『ウマニティPOG』(http://pog.umanity.jp/)にて、社台ファームやノーザンファームなどの有力馬441頭の馬体写真を掲載した特集ページ「カラーパドック441頭」の無料公開を開始しました。



■初心者でも遊べるPOGで馬券とはひと味ちがう競馬の楽しさを知ってもらいたい!

POG(ピーオージー)とはペーパーオーナーゲームの略で、仮想馬主ゲームとも言われ、実在の競走馬の仮想オーナーになって、その馬の競走成績(獲得賞金)を競うゲームです。※詳しくは下記参照


仮想オーナーとはいえ、自分の選んだ馬が実際のレースで走りますので、競馬場やテレビなどでレース観戦する時の興奮はまさに馬主気分です。リアルの競馬を題材にしている点で競走馬育成ゲームなどとは一線を画しています。
しかしながら、ゲーム人口で比較すると競走馬育成ゲームは100万人というタイトルが複数あるにも関わらず、POG人口は全体で10万人(推定)という現状です。


この時期になると、今年デビューする競走馬の馬体写真や専門家による解説を掲載した、いわゆる「POG本」が各社から発行されPOGファンは盛り上がりを見せますが、専門性が高く書籍を購入する必要もありますので、POG初心者にとっては敷居が高くなかなか手を出せません。


そこで『ウマニティPOG』(http://pog.umanity.jp/)では、WEBでは初めて441頭というPOG本に匹敵する大量の馬体写真を掲載した特集ページ「カラーパドック441頭」を5/13より無料公開(ウマニティ会員登録が必要)をいたしました。

http://pog.umanity.jp/search/special/paddock.php


「競馬は大好きだけどPOGはよくわからない」
「馬券は買ったことないけどお馬さんは綺麗だから好き」
「馬主になるのは無理だけど、馬主気分だけでも味わいたい」
などなど…。
少しでも競馬や競走馬に関心を持っている方が、POGに参加するキッカケにしたいと考えています。


「カラーパドック441頭」掲載馬

■トーセンスターダム(牡2)黒鹿毛 2011年3月14日生
(父)ディープインパクト(母)アドマイヤキラメキ
セレクトセールで2億5千万円という高値で取引された超良血馬です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング