高校1年の1年間で 「高校全範囲3年分の英語・数学を終える」 超速習コース 開講

PR TIMES / 2012年2月9日 19時37分



東京理学会社(代表 梅津英世/東京都文京区本郷)
がプロデュースする「ヴェリタス」では、
“東大ですら選択肢の一つに過ぎないと思えるほどの学力的余裕を身につける”をコンセプトとするコースの一貫として、

高校1年の1年間で、
「高校全範囲3年分の英語・数学を終える」
超速習コースを開講します。
(ただし、数学については、理系のみ範囲(3C)は除きます)

つきましては、
前提知識不要で「微分」を45分で理解できる
新高校1年生対象
無料体験授業を3/11(日)に行います!


高1から3年間通った、現在大学1年生の体験談はこちらhttp://www.veri.co.jp/voice/interviews/07.html
http://www.veri.co.jp/voice/interviews/06.html





■ 本コースのカリキュラムは以下の目的でつくられています


1 受験なんてものは、しょせん手段にすぎない

受験勉強は、これからの人生の中で常に続いていく、勉強の一部でしかない。受験に特化した勉強は、かえって非効率。一生通用する勉強への意識、方法、そして精神的支柱をつくることが、高校時代にとって何より大事なこと。


2 東大ですら選択肢の1つにすぎないと思えるほどの学力的余裕を身につける

近年、どこも東大東大と唱っているが、別に東大だからすごいというわけでない。自分の進路にとってどこの大学がベストなのかは、個人個人違う。しかも東大とか大学に入ること自体が目的なのではなく、入った後何ができるのかが大事。つまり、自分のやりたいことが見つかったとき、それを選択できるだけの、選択肢の広さが重要。だからこそ、選びたいとき選ぶことのできる学力的余裕を身につけることがこれからの三年間。


3 知識がつくというよりは、頭の回転が速くなっていく体験

高校全範囲の知識がつくということよりも、高校全範囲の知識を、自分の頭の中で構築しようと思えば構築できるだけの、発想力・論理力・類推力・観察力・許容力を身につけることこそが楽しい。だからこそ、高校の1年間とは比較にならないほど知識量が課される、大学の1年間ですら、余裕をもってこなせるようになる。


4 在籍学校によらない仲間が自然にできる場所

競争よりも大事なことは、自分を認めかつ相手も認めること。多様な意見を、先入観なくとらえ、常に吸収し続ける謙虚さは、場所によってつくられる。各科目を通じて、お互いに生じた疑問を素直に言葉にすることができ、互いに助け合い理解を深めていくことのできる仲間は、一生涯つづく関係になる。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング