沖縄スマートフォン速度実測調査

PR TIMES / 2013年12月25日 13時39分

沖縄最速はドコモ!県民の生活拠点55箇所で調査 商業施設、文教施設でもドコモが最速!

調査・マーケティング会社の株式会社イード(東京都中野区 以下イード)は、沖縄県内の商業施設、文教施設、公共・交通施設など県民の生活動線である55箇所において、携帯電話主要3キャリアの最新スマートフォンにおける通信速度の実測調査を実施しました。



【TOPICS】

■iPhoneのダウンロード速度1位はドコモ、34箇所で最速スピード。

3キャリア全てが取扱いを開始したことで、発売以降注目を集めてきた新型iPhone。今回の調査で下り速度の平均値が最速だったのはNTTドコモのiPhone 5c(23.9Mbps)でした。ドコモiPhone 5cは全55箇所中、34箇所で下り最速を記録しました。なお上りの平均速度はソフトバンクのiPhone 5cが最速(8.3Mbps)となっています。


■Androidダウンロード最速はドコモ、33箇所で1位に! 平均速度は30.5Mbps。
最新Android端末の比較では、ドコモのARROWS NXが下り速度で平均30.5Mbpsと、2位のソフトバンク(19.8Mbps)に大きく差を空けて最速に。ドコモは沖縄で下り最大112.5Mbpsエリアの整備を進めており、その結果が平均スループットの高さに影響を与えたと思われます。上り速度では、ソフトバンクが平均7.8Mbpsで最速となりました。


■商業施設、文教施設、公共・交通施設、それぞれでドコモが優位。
今回計測を行った55箇所を「ショッピング施設」「大学や高校などの文教施設」「公共・交通施設」といったカテゴリで分けてみた時に、いずれのカテゴリでもドコモのiPhone5cおよびAndroidがそれぞれ最速となっています。


【調査概要】
■調査名: 沖縄スマートフォン速度実測調査 
■調査対象: 携帯主要3キャリア(NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイル)の
スマートフォン6機種。各キャリアiPhone 5cおよび、ARROWS NX(ドコモ)、Xperia
Z1(au)、AQUOS PHONE Xx(ソフトバンク)。
■調査期間: 2013年12月11日(水)~12月13日(金)
■利用データ:スマートフォン向けスピード測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」の計測データ
■対象エリア:沖縄本島の主要な商業施設、文教施設、公共・交通施設など55箇所
■対象通信方式:LTE、3G
■調査手法:「RBB TODAY SPEED TEST」アプリを使用し、各地点で全端末同時に3回速度を測定し、その平均値を算出

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング