第1回渋谷ストリート・ベストドレッサー賞をモデルの孫きょうが受賞、日本のトップネイリストが参加するネイルSNSサイト「NAILISTA」が受賞記念に特別なネイルを提供

PR TIMES / 2012年11月29日 9時18分

ネイルデザイン共有SNSサイト「NAILISTA」を運営する、株式会社パブリックマーケット(東京都中央区、代表取締役:西崎修平)は、2012年11月28日に発表・受賞式が行われたベストドレッサー賞の式典内で、第1回目となる渋谷ストリート・ベストドレッサー賞を受賞した孫きょう(モデル)に、日本ネイリスト協会常任本部認定講師マスターエデュケーターでトップネイリストの野尻早苗(ネイリスタ)が受賞時の衣装に合わせてデザインをした、特別なネイルを提供しました。



渋谷ストリート・ベストドレッサー賞とは、2012年にベストドレッサー賞から派生し、新設された賞であり、「渋谷から地球をSUKUO(ハート)(企画:渋谷ステーション)」イベントと併催して行われました。記念すべき第1回目の受賞者は、渋谷カルチャーで育ち、現在はママ系モデルとして絶大な人気を誇る「孫きょう」が選ばれました。


◆渋谷ストリート・ベストドレッサー賞について
ベストドレッサー賞から派生し、より地域に根差し、一般の皆様のファッション意識の向上につなげられる活動の一環として渋谷ステーション(※1)が中心となって立ち上げた新企画。受賞イベントは11月25日に環境省と民間が一体となって推進している国民運動「GOMI ファンタジスタプロジェクト」が主催する「渋谷から地球をSUKUO(ハート)」で発表・授賞式を行いました。
(※1)渋谷ステーション(株式会社アイエイチ・ラブ) http://www.shibusute.com/


◆衣装に合わせた特別なネイルデザインを提供したネイリスタ
日本を代表するネイリスト野尻早苗(※2)がネイルデザイン提供した発端は、「NAILISTA(※3)」内で構成されている、日本を代表するトップネイルアーティスト17名が参加している「ネイリスタ」のコラボ活動の一環。今後のネイル業界の発展の為に、ネイリスタは様々な企業やイベントとコラボレーションを行っていく。NAILISTA(ネイリスタ)は、「すべての人に、ネイルの全てを」というコンセプトの元、一般の方とプロネイリストの架け橋となるサイトを目指しています。
(※2)野尻早苗 ネイルサロン「Flawless Nail」のオーナーを務め、日本ネイリスト協会常任本部認定講師マスターエデュケーターの資格保持者。日本人で初めてIBSロングビーチのスカルプチュア部門で1位獲得をはじめ、多数のコンテスト受賞歴や、テレビ東京系列で放映された「TVチャンピオン ネイルアート女王選手権で優勝など明確な実績を積んできた日本でも数少ないトップネイリスト。
(※3)NAILISTA http://nailista.jp/
2012年11月11日にOPENしたネイルデザイン共有SNSサイト。 
企画・運営元:株式会社パブリックマーケット


◆渋谷ストリート・ベストドレッサー賞を受賞した孫きょうさんについて
渋谷カルチャーで育ったママたちから絶大な支持を得ている、ギャルママ雑誌「アイラブママ」の専属モデルでトップブロガー。お子様と一緒に、親子でモデル活動を行うかたわら、自身がプロデュースするブランドを始動しています。また様々な社会貢献を行うなど、新世代のママたちを牽引する存在として、注目を集めています。渋谷の路上に捨てられたGOMIを拾う活動、<渋谷から地球をSUKUO(ハート)>イベントにも参加しました。

孫 きょう オフィシャルブログ http://ameblo.jp/kyou-son/


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆株式会社パブリックマーケット

ジェルネイル用ポータブルLEDライト「ROSSO」の日本総代理店としてネイル業界に精通している。また、ネイル業界の発展・活発化の為、ネイルデザイン共有SNSサイト「NAILISTA」の運営元として11月11日よりメディア運営を開始。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

[本件に関するお問い合わせ先]
株式会社パブリックマーケット
担当者:井野 純平
電話番号:03-6222-2340
E-Mail:ino@pb-market.jp


[会社概要]
株式会社パブリックマーケット PUBLIC MARKET. Co.,Ltd.
代表取締役:西崎 修平
〒104-0032 東京都中央区八丁堀1-5-1本八重洲ビル4階
電話番号:03-6222-2340
FAX番号:03-6222-2341
E-Mail:info@pb-market.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング