仮想デスクトップ環境にも完全対応、クライアントの一挙一動を記録!!

PR TIMES / 2012年11月15日 14時46分



株式会社イーセクター(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:柏木 茂、以下 イーセクター)は、このほど株式会社ラネクシー (本社:東京都新宿区、代表取締役社長:二瓶 孝二、以下 ラネクシー)と同社が開発・販売する「MylogStar(マイログスター)」の販売代理店契約を締結、本日より販売を開始いたします。

MylogStar は、企業内のサーバおよびクライアントPC(VMware ViewやCitrix XenDesktopなどの仮想デスクトップ環境にも対応)の操作ログを取得することで、問題発生時の不正行為や情報漏えいの流出経路を「見える化」する、IT全般統制の強化に有効活用できるクライアント操作ログ取得ソリューションです。操作ログはOS のカーネルレベルで取得しているため、高い精度で証跡をたどることが可能です。問題発生時にはトレース機能を使い、記録を遡って調査することができ、特定のファイルの更新履歴や、USBメモリーで持ち出されたファイルの特定などに役立ちます。

またVMware View、Citrix XenDesktopなどの仮想デスクトップ環境にも対応し、かつ多言語OS環境でも稼働するため、高いパフォーマンスと可用性を実現しています。ログデータは取り扱いが容易なCSV形式で出力できますので、BIツールなど他システムとの連携が容易です。収集された大量のログデータをBIツールに取り込み、さまざまな視点でデータを分析し、業務上の問題点やシステムの脆弱性を発見することできます。さらに、業界最多のログを取得する収集性能の高さやログの記録精度は、システムの運用負荷を大幅に軽減させることができます。

MylogStarでは、ログデータの分析・レポートを行うAnalysis Option(アナリシスオプション)、PC資産情報の収集を行うInventory Option(インベントリオプション)、スタンドアロンPCのログデータをリムーバブルメディアで運搬・転送するPorter Option(ポーターオプション)の3つのオプション製品を無償で提供しています。ログ管理プロセスの収集・保存・分析機能をトータルに提供することにより、ログを活用して企業内のIT利用状況を「見える化」しIT全般統制を強化できます。

イーセクターは、情報漏えい問題への対策や内部統制強化を図る企業を対象に、今後も積極的に本製品および関連するログソリューションを提供してまいります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング