勤怠・人事給与システムのアマノビジネスソリューションズと人事コンサルのアクティブアンドカンパニーが業務提携

PR TIMES / 2013年3月11日 13時35分

人材マネジメントシステムへの拡張とコンサルティングの付加価値を提供

アマノ株式会社(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:中島 泉)のグループ会社で勤怠・人事給与サービスを提供するアマノビジネスソリューションズ株式会社(本社:横浜市港北区、代表取締役社長 錦織 利行、以下「ABS」)は、組織・人事コンサルティングファームの株式会社アクティブ アンド カンパニー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 大野 順也、以下「AAC」)との業務提携を3月11日より開始します。
この提携を通じて、勤怠・人事給与データの戦略的活用を実現し、従業員個人・部門の生産性把握や労務リスク低減に向けた管理、さらには従業員のスキル・経験や人事施策のプロセス・結果などの一元管理を可能とする仕組みをご提供します。一元化された人材情報の分析・活用を通じて、人材戦略の立案・人事施策の企画を効果的に行い、企業付加価値を高めるご提案が可能となります。

【ソリューション拡張領域の概要】
■アビリティマネジメントシステム(R)とのデータ連携
 ABSの勤怠・給与システム(https://www.i-abs.co.jp/cyber-xeed/start)で蓄積された総労働時間、残業時間、休暇取得日数、給与支払データ等を、AACが組織・人事コンサルティングの観点から開発した社員の能力や経験等の人材情報を一元管理するシステム(http://www.aand.co.jp/ams/)と連携させることにより、個人別・部門別の生産性分析や人件費の定量分析といった、企業経営と人事施策上の課題解決に資するデータのご提供が可能となります。

■人事コンサルティングサービスの提供
 蓄積された各種データ(労務・人件費・研修履歴・各種評価データ等)に、人材マネジメントの高度化を実現するための考察を加えることで、人事/人材戦略の立案から人事制度構築や育成体系の構築、業務フローの改善、研修実施など幅広い組織・人事領域に関して支援することが可能となります。


【背景】
 少子高齢化・グローバル化など外部環境の激しい変化に伴い、就業価値の多様化・求められるスキルの高度化が急速に進んでいます。タレントマネジメントの実践・人材マネジメントの高度化といった、競争優位性のある人材・組織作りを多くの企業で上位課題として挙げている背景より、システム管理している情報をより多面的に分析・活用し、迅速に外部環境の変化に対応する柔軟性が強く求められています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング