お花見に便利なお弁当グッズを新発売! ” 桜色のお花見弁当” 料理家 栗原はるみプロデュース生活雑貨ブランド「share with Kurihara harumi」

PR TIMES / 2013年2月27日 19時15分

株式会社ゆとりの空間(本社:東京都品川区、代表取締役社長:栗原はるみ)が展開する生活雑貨ブランド「share with Kurihara harumi」は、2013年2月27日(水)より全国主要百貨店内ショップ及びオンラインショップにて、“桜色のお花見弁当”をテーマにお弁当関連の新商品を発売します。



桜の開花が待ち遠しい季節になりました。
「share with Kurihara harumi」では、春の行楽や運動会シーズンに向けて、花柄の重箱や2段ランチボックス、保冷剤付きランチボックスなどさまざまなお弁当箱をはじめ、ランチバッグや保温冷バッグ、お弁当用小分け容器など、新作のお弁当アイテムを発売します。

さらに店頭では、花見や運動会などにおすすめのお弁当レシピを掲載したミニブックを配布します。この機会にぜひご利用ください。

■お花見弁当におすすめの新商品
【お弁当箱 / 容器類】
・伝統的な透かし花模様の重箱「三段重 溜透かし 花」 19,950円(税込)
・1段としても2段としても使える「丸二段ランチボックス」 2,100円(税込) 
・ふだん使いの小どんぶりにもおすすめ「ランチボウル」 2,310円(税込)
・さらに使いやすくなってリニューアル!「保温・保冷 スープ&ドリンクジャー」 2,625円(税込)
・蓋の内側には着脱可能な保冷剤付き「保冷剤付ランチボックス」 1,680円(税込)
・4色10個セットのシリコンカップ「お弁当小分け容器」 1,260円(税込)

【バッグ / クロス類】オリジナルの水玉柄"コインドット"シリーズ
・水と汚れに強いPVC加工!サブバッグとしてもおすすめ「ランチバッグ」 1,680円(税込)
・お弁当箱と飲みものを一緒に収納可能!「保温冷バッグ」 2,415円(税込)
・マチもたっぷりでA4サイズもしっかり入る「トートバッグ」 3,990円(税込)
・保温冷機能付き「ペットボトルホルダー」 1,470円(税込)
・バンダナや三角巾としても使えるサイズ「ランチクロス」 787円(税込)

■販売期間
2013年2月27日(水)~

■販売店舗
・全国主要百貨店内ショップ「share with Kurihara harumi」 53店舗(2013年2月27日現在)
・レストラン併設型ショップ「ゆとりの空間」 5店舗
・オンラインショップ「栗原はるみweb通販 yutori by mail」 4店舗
※ショップリスト http://www.yutori.co.jp/products/index.html
※店舗により販売期間や商品は異なります。詳しくは店舗までお問い合わせください。

■関連情報
【レシピ付きミニブック】
上記販売期間中は、花見や運動会などにおすすめのお弁当レシピや、重箱のいろいろな使い方紹介などを掲載したミニブックを、全国の「ゆとりの空間」「share with Kurihara harumi」で配布します。お近くのショップへぜひお立ち寄りください。
※ミニブックはなくなり次第終了です。 ※一部配布しない店舗もございます。
オフィシャルWEBサイト上からもPDFでご覧いただけます。(約1.6MB)
http://www.yutori.co.jp/pdf/tsutaetaikoto_38.pdf

【web限定・栗原はるみエッセイ『はるみのこだわり』】
栗原はるみのアイテムに込められた想いとこだわりを紹介するエッセイ『はるみのこだわり』では、”お花見弁当”をテーマに、栗原はるみのお気に入りアイテムや使い方をご紹介しています。
http://www.yutori.co.jp/kodawari/38/index.html

< share with Kurihara harumi(シェア ウィズ クリハラ ハルミ)について >
料理家 栗原はるみプロデュースによる生活雑貨ブランドです。
“こんなものがあったらいいな”という栗原はるみの思いを形にした生活雑貨は、和食器、洋食器、漆器、調理器具、エプロン、ウエア、布小物などに展開。機能や使い勝手のよさはもちろん、その器や調理器具があるだけで暮らしがもっと楽しくなるように、主婦の目線でものづくりをしています。

< 栗原はるみ プロフィール >
『ごちそうさまが、ききたくて。』(文化出版局)ほか、著書発行部数2,300万部を超える人気料理家。
季刊誌『haru_mi』(扶桑社)、レギュラーTV番組『Your Japanese Kitchen』(NHK WORLD TV)などで活躍中。
オフィシャルブログ「はるみDIARY」http://www.yutori.co.jp/harumi_diary/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング