8割が新規システム構築時にクラウドを検討、国内クラウド市場は2015年度に1兆円へ成長

PR TIMES / 2014年11月4日 13時17分

MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は11月4日、国内クラウドサービスの市場規模・予測と需要動向に関して、クラウドサービスの導入済および検討中の法人計1,259社を対象に調査を実施した結果を発表した。急成長を続けるクラウド市場は前年度比22.6%増加し2013年度6,257億円へ成長した。
企業の新規システム構築におけるクラウドの検討が8割へと進み、「クラウドファースト」の浸透が明らかになった。クラウド市場は2015年度には1兆円を超える見込みで、2018年度は2013年度比2.9倍の1兆8,000億円規模まで拡大すると予測する。



■ 2013年度の国内クラウド市場は6,257億円、2015年度に1兆円を超える
■ 8割の企業が新規システムの構築時にクラウドを検討、クラウドファーストの浸透が顕著に
■ セキュリティに対する不安やクラウドの移行・運用コストが利用障壁に
■ パブリッククラウドではAmazon、プライベートクラウドではNTTコムが利用・検討1位

<図1:国内クラウドサービス市場規模 実績・予測>参照

一方、ユーザーにとっては、セキュリティに対する不安やクラウドにかかるコスト、運用面での難しさがクラウドの利用障壁になっていることも明らかになり、クラウド提供事業者やシステム構築事業者は、クラウドへの移行や運用業務を効率化するための支援サービスなどの充実が求められている。

また、クラウドサービス提供事業者間の競争は激しさを増し、著しい速度で低価格化と機能の進化が同時に起こっている。データセンターへの投資を含め、スケールメリットを活かしたグローバルベンダーの存在感が増してきており、追随する国内ベンダーは価格や機能、利便性などの面で一層の差別化が必至となっている。

■ 国内クラウド市場は2015年度に1兆円を超える
2013年度におけるクラウド市場全体は前年度比22.6%増の6,257億円となった。2018年度までの年平均成長率は23.6%で、2015年度には1兆円を超え、2018年度には2013年度比2.9倍の1兆8,081億円に達すると予測する。

パブリッククラウド(SaaSおよびIaaS/PaaS)は2013年度1,869億円で前年度比34.2%増となった。IaaS/PaaSの急成長を背景に、パブリッククラウドは2018年度まで年平均21.2%で成長し、2013年度比2.6倍の4,882億円に達すると予測する。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング