スパイスボックス、デジタルマーケティングにおける データ活用の強化・推進を目的とした専門チーム「データコンサルティングチーム」を設立

PR TIMES / 2013年11月29日 13時58分

株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、代表取締役社長 田村栄治)は、デジタルマーケティングにおけるデータ活用の強化・推進の推進を目的として「データコンサルティングチーム」を12月2日に設立いたします。

デジタルの進化にともない、企業が取得できるデータは種類・量ともに増加の一途を辿っています。企業が保有する顧客データや広告レスポンスデータ、アクセスデータなどに加えて、ソーシャルメディアから取得される生活者の嗜好性や行動に関するデータや、近年その活用アイデアに注目が集まるオープンデータなど外部データを組み合わせてデータを分析することができるようになり、企業のマーケティング活動においてデータ活用の重要性は高まる一方です。

スパイスボックスでは以前より、データを起点としたデジタルマーケティング施策の実行・改善によって、ダイレクトマーケティングやECビジネス領域を中心に、クライアント企業のマーケティング予算のROIの最適化やビジネス機会の創出を支援してまいりましたが、デジタルマーケティングにおけるデータ活用ニーズへの更なる対応力と実行力の強化を目的として、このたび「データコンサルティングチーム」を設立します。


データコンサルティングチームの概要
データは爆発的に増える一方、データを眠らせたままで有効に活用できていない、集計・分析レベルに留まっていて効果的なマーケティング施策への落し込みができていない、といった課題を抱える企業が増えています。スパイスボックスの「データコンサルティングチーム」では、企業が保有するデータ状況の診断とマーケティング業務全体の最適化のためのコンサルテーションをはじめとして、実際の分析業務、分析結果を社内でスピーディに共有するためのマーケティングダッシュボードの構築、データ連携を自動化するためのシステムコンサルテーション等、マーケティングにおける効果的なデータ活用を実行するための総合的な支援を行っていきます。

メンバープロフィール:
ECビジネスやダイレクトマーケティング戦略のコンサルタント、データ分析からマーケティング施策設計までを担当するデータサイエンティスト、企業データのインフラ構築のシステム支援を行うシステムコンサルタント、大手通販企業や金融企業等でのデータアナリスト経験をもつメンバーで構成します。


■株式会社スパイスボックスについて
デジタル領域のフルサービスを提供するデジタルエージェンシーとして2003年に設立。クライアント企業のマーケティング課題に常にベストなプランニングとエグゼキューションを提供し、顧客創造から顧客価値の最大化までをワンストップで支援します。

【会社概要】
社名 : 株式会社スパイスボックス
設立 : 2003年12月15日
資本金 : 2億7143万円
出資者 : 株式会社博報堂、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 ほか
所在地 : 東京都港区赤坂2-14-27  国際新赤坂ビル 東館15F
代表者 : 田村 栄治
従業員数 : 102人(2013年11月現在)
事業内容 : デジタル領域のマーケティング・広告コミュニケーション事業
URL : http://www.spicebox.co.jp/


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社スパイスボックス データコンサルティングチーム
担当 : 塚本
TEL : 03-3583-5361
E-Mail : data_consulting@spicebox.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング