湖北省及び江蘇省におけるGMS事業運営会社設立のお知らせ

PR TIMES / 2013年6月27日 19時38分

イオン初となる中国内陸部での事業展開をスタート!

イオン株式会社と永旺(中国)投資有限公司はこのたび、中華人民共和国(以下、中国)湖北省武漢市に、「永旺(湖北)商業有限公司」(以下、「永旺湖北」)及び江蘇省蘇州市に、「永旺華東(蘇州)商業有限公司」(以下、「永旺華東」)を設立し、それぞれの地域において2014年の1号店オープンに向け営業ライセンスを取得しました。



イオンは現在、北京・天津、山東省、広東省、および香港の4つのエリアで、GMS事業を中心に事業を展開しています。今後はこの4エリアに加え、マーケットの飛躍的な成長が期待される湖北省及び江蘇省での事業展開を開始します。

イオンは、イオングループ中期経営計画(2011年度~2013年度)において、グループ共通戦略のひとつに、中国やアセアン地域で飛躍的な成長を目指す「アジアシフト」を掲げています。

上記の戦略方針に基づき、2012年3月より北京市において中国本社機能を担う「永旺(中国)投資有限公司」の活動を開始するなど、上記戦略のもと全体を俯瞰したグローバルな経営視点と地域に根差した経営を両立させた「グローカル経営」を実践し、中国においてグループ一体となった成長を加速するための経営基盤強化に努めています。


イオン初の中国内陸部展開となる永旺湖北のある湖北省武漢市は、長江中流に位置し、人口約1,000万人を有する華中最大の商工業都市です。古くから東西(成都・上海)と南北(北京・広州)を結ぶ交通の要衝であり、近年、鉄道・道路などのインフラ整備が急速に進んだことから、その重要性が更に高まっています。

1号店は、武漢市の商業の中心地である漢口エリア北部に位置する「イオンモール武漢オリンピックガーデン(仮称)」内に開店する予定です。出店地周辺は、車10分圏内に50万人を有する人口密集地であり、出店地に隣接して昨年末に地下鉄が開通したことにより、マンションなどの大規模開発による急速な発展が見込まれます。


また、永旺華東のある江蘇省蘇州市は、上海から西80kmに位置しています。古くから絹織物で発展した国家歴史文化名城であり、近年も長江デルタ地域の中心地として目覚しい経済発展を遂げている江蘇省の経済的中心都市です。

1号店は「イオンモール蘇州呉中ショッピングセンター(仮称)」内に開店予定であり、蘇州市中心地から南へ12kmの呉中区に位置します。出店地周辺は、車15分圏内に120万人を有する人口密集地で、現在マンションや学校、病院、観光といった総合的な開発が進んでいます。

イオンは湖北省及び江蘇省において、地域のお客さまのくらしを支えるライフラインを目指し、「永旺湖北」と「永旺華東」の運営するGMSをショッピングモールの核店舗と位置づけ、総合金融、サービス、専門店など、グループ各事業と一体となった事業展開を推進してまいります。


<湖北省武漢市>

【新会社の概要】
会社名: 永旺(湖北)商業有限公司
所在地: 中国・湖北省武漢市東西湖区
代表者名: 椎名 孝夫(しいな たかお)
設立: 2013年 3月21日
資本金: 2億中国元(約30億円)

【1号店の計画概要について】
店舗名: 永旺武漢オリンピックガーデン店(仮称)
所在地: 中国・湖北省武漢市東西湖区
売場面積: 19,500m2
開店予定: 2014年秋
(イオンモール武漢オリンピックガーデン(仮称)の核店舗GMS[総合スーパー]として開店予定)


<江蘇省蘇州市>

【新会社の概要】
会 社 名:永旺華東(蘇州)商業有限公司
所 在 地:中国・江蘇省蘇州市呉中区
代表者名:柏 成輝(かしわ せいき)
設   立:2013年 5月20日
資 本 金:2億中国元(約30億円)

【1号店の計画概要について】
店舗名:永旺蘇州呉中店(仮称)
所在地:中国・江蘇省蘇州市呉中区
売場面積:20,000m2
開店予定:2014年春
(イオンモール蘇州呉中ショッピングセンター(仮称)の核店舗GMS[総合スーパー]として開店予定)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング