Fotolia、新しい iPad アプリをリリース

PR TIMES / 2014年5月13日 12時55分

使い勝手良く、2,800万のロイヤリティフリー素材から検索、共有、ダウンロードが可能

低価格型のストックフォトサイトを運営するFotolia(本社: 米国ニューヨーク、代表取締役: オレグ・テチェルゾフ)は、iPad用の新しいアプリをリリースしました。使い勝手の良いアプリは、たったワンクリックで、Fotoliaの2,800万以上のクリエイティブなファイルにアクセスでき、ロイヤリティフリー素材の検索、共有、ダウンロードが可能です。



FotoliaのiPadアプリで制作がよりスムーズに

コミュニケーションとグラフィクアート業界の方向けに開発された、新しいFotoliaのiPadアプリは、1)検索、2)選択、3)共有、4)購入、という4つの簡単なステップを通じて、利用者の利便性を向上させます。

美しく人間工学に基づいたインターフェースで、利用者は2,800万ファイル以上を収容するFotoliaのオンラインデータベースにアクセスし、ロイヤリティフリー素材を検索できます。

アプリには、検索結果がモザイク状に表示される新しい機能も加わりました。ワンクリックで、利用者は高品質画像をフルスクリーンで閲覧でき、検索結果は指でスライドさせて、シームレスに次の画面が表示されます。画像情報タブで、同じシリーズ、同じ作家、同じキーワードの画像を閲覧できます。そして、そこから新しいキーワードを入力して新規の検索ができます。

高機能な検索エンジンでは、価格帯、ファイルタイプ(写真、イラスト、ベクター)、コレクション(コアコレクション、インスタントコレクション)、またパノラマ写真のみなどの絞込検索も可能です。


利用者は、自分で作ったギャラリー内に検討中の画像などを保存することができます。ギャラリーは、メールやSNS(FacebookやTwitter)で共有可能で、自分のiPadやドロップボックスに直接ダウンロードできます。

「良いアプリとは、使っていて楽しいものです。そしてきちんとしたサービスを提供し、お客様から、Fotoliaならいつでもどこでもアイデアをイメージにする手助けをしてくれる、という信頼を得ることが大切です。直感的でモダンなデザインで、楽しく、とても使いやすいアプリです。」とFotolia CEO兼共同設立者のオレグ・テチェルゾフ(Oleg Tscheltzoff)は語ります。

躍進する業界のニーズに応える
このiPadアプリは、Fotoliaの主要な成長戦略の一つで、iPhonesやiPadsと言ったポータブルデバイス向けアプリケーションの軸となります。2013年に開始したスマートフォン用のインスタントコレクションアプリでは、3万ユーザーを超えています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング