パックネット シンガポール、香港、シドニーのデータセンターにおいて、 PCI DSS 2.0の認定を取得

PR TIMES / 2014年8月29日 10時57分

データセンターの物理的なセキュリティ、方針、手続きが、 ペイメントカードおよび消費者データ情報セキュリティの業界基準を達成



2014年8月26日、香港 -アジア太平洋地域における統合テクノロジーソリューションの大手プロバイダーであるパックネットは、シドニー (SYCS1)、香港 (HKCS1 および HKCS2)、シンガポール (SGCS2) のCloudSpaceデータセンターにおいて、PCIデータセキュリティ基準 (PCI DSS) 2.0の認定と準拠証明書を取得しました。

標準化団体によってレベル1サービスプロバイダーに分類されているパックネットは、運営するデータセンターにおいて、高度な技術的対策とセキュリティ対策によって顧客のセンシティブな財務データを保護し、クレジットカードおよびデビットカード取引の安全を確保する基準とガイドラインを厳守していることが認められ、PCI DSS 2.0の認定を獲得しました。

パックネットのデータセンターサービス担当バイスプレシデントであるジャイルズ・プロクターは、次のように述べています。「PCI DSSコンプライアンスを達成することは、アジア太平洋地域においてパックネットの重要な差別化要因になるだけでなく、当社の市場でのパイオニアとしての地位を維持し、グローバルなデータセキュリティ基準の採用に献身的に取り組み続けることにつながります。また今回の達成は、データセンター内でクレジットカード取引を処理するお客様の利益を保護するためにパックネットが行っている、データ保護への取り組み、セキュアなインフラへの投資、実績あるサービスの提供をより際立たせることにもつながっています。」

PCI Security Standards Council (PCI SSC) によって作成されたPCI DSS認定は、消費者のクレジットカード情報の保護を強化し、個人情報の盗難やなりすましの防止を支援し、世界中にペイメントデータセキュリティを推進する、最も包括的で、国際的に認知されたデータセキュリティ基準です。パックネットのPCI DSS評価は、2014年1月23日から2014年6月10日にかけて行われ、物理的なデータセンターのセキュリティ管理、ITセキュリティの方針と手続き、データ保護、ネットワークアクセスの管理と監視、ネットワークアーキテクチャ、ソフトウェア設計、組織の脆弱性管理、人的セキュリティの取り組み、その他の重要な保護対策について徹底的な審査が実施されました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング