深まる冬の限定プラン「Winter Fantasia」 都会の森にオーロラを再現!「森のオーロラ」&「イヤーエンドブッフェ」 11月22日(土)より提供開始

PR TIMES / 2014年10月23日 14時25分

最高のパフォーマンスで特別な夜を…豪華アーティストによるディナーショーも開催

ホテル椿山荘東京(東京都文京区・総支配人:浦嶋 幸一)では、冬の限定プラン「Winter Fantasia」の一環として、11月22日(土)より、庭園での「森のオーロラ」、および、「イヤーエンドブッフェ」をはじめとした、様々なプランの提供を開始いたします。



■ 森の中のオーロラに、心躍るブッフェ…冬を彩る極上イベントが目白押し!

◇ 光が織りなす冬のファンタジー:森のオーロラ
澄み渡るような空気の冬の夜空、ホテル椿山荘東京の庭園には、光の演出を活用した都内初*の試みとして、「森のオーロラ」が出現します。通常、北欧や北米などの限られた地域でしか見ることのできないオーロラ。ホテル椿山荘東京では、オーロラの美しい青や緑の光のカーテンを、庭園内の幽翠池(ゆうすいち)周辺で再現いたします。都会の空に浮かび上がる青や緑の光のカーテンと、それに呼応するような音の演出が作り出す幻想的な光景には、きっと心高鳴るはずです。*当社調べ
なお、起伏に富んだ高低差のある庭園内では、光の差込み具合の違いにより、例年11月下旬より12月中旬頃までと長きにわたって紅葉が楽しめます。昼はもちろん、夜はライトアップも予定しております。弁慶橋の横に位置するほたる沢周辺では、日没から霧を発生させて雲海が広がる深山幽谷の世界を再現。ライトアップの光に照らされた雲海と紅葉が、昼間とはひと味違った光景を作り出します。さながら森のような広大な庭園内で、時間によって様々に表情を変える紅葉鑑賞も、オーロラとともにお楽しみください。

◇ 今年1年のご褒美に、心躍る美味しいフィナーレ:イヤーエンドブッフェ
11月22日(土)からは、庭園にたゆたうオーロラにインスピレーションを受けた「イヤーエンドブッフェ」の提供も開始。庭園の夜を彩る「森のオーロラ」を楽しんだ前後には、まるでオーロラのような色とりどりのブッフェをお楽しみいただけます。
オーロラにちなみ、北欧の食材であるサーモンやニシンなどを使用したメニューや、オーロラをイメージした目にも美しいスイーツのほか、タラバ蟹とズワイ蟹の食べ比べ、目の前でシェフが切り分けるローストビーフなど、ホテルならではの豪華なメニューをご用意いたしました。ご家族やお仲間と、クリスマスや年末の特別な機会に、今年1年の思い出を語らいながら、バラエティ豊かな品々をご堪能ください。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング