朝食の専門家 「ケロッグ」、日本カフェプランナー協会とコラボ 栄養バランス満点の朝食を啓発する 「ケロッグ シリアルモーニングプロジェクト」始動 プロジェクト参加カフェ募集!!

PR TIMES / 2014年6月19日 16時53分

 シリアル食品の世界シェアでトップブランドである「ケロッグ」 を日本国内で展開する日本ケロッグ合同会社(本社:東京都港区、代表職務執行者:井上ゆかり)は、日本カフェプランナー協会(会長:富田佐奈栄)とのコラボレーションにより、栄養バランス満点の朝食を啓発するプロジェクト「ケロッグ シリアルモーニングプロジェクト」を始動し、プロジェクトに参加していただけるカフェを募集します。



 朝型生活スタイルへの関心の高まりから“朝活”ブームが生まれ、外で朝食をとる“ソトアサ” が注目されるなど、外食産業においては“モーニング”(朝食メニュー)のニーズが高まっています。一方、「朝食は大事だと思うが、『パンだけ』『おにぎりだけ』といった偏った朝食の人が多く、栄養バランスの整った朝食を食べている人は2割程度」といった調査結果(調査会社のシタシオンジャパン調べ)もあるように、朝食の重要性は認識されつつも、忙しい現代人の朝食事情として、理想的な栄養バランスの朝食を毎朝とるのはなかなか難しいというのが実態のようです。さらに、最近注目され始めた時間栄養学の専門家は「朝食の欠食や栄養バランスの偏った朝食は“朝食時差ボケ”を引き起こす」と警鐘を鳴らしています。

このような状況の中、100年以上にわたり、朝食を通じた心とからだの健康を研究し続け、バラエティー豊かなラインナップでシリアルを提供している朝食の専門家 「ケロッグ」は、”栄養バランス満点の朝食で、元気な一日のスタートを応援したい!“ という想いから、都内のカフェと連携し、シリアルを活用したモーニングメニューを提供することで、栄養バランス満点の朝食を啓発しようというプロジェクトを企画しました。メニュー開発については、カフェ開業スクールのパイオニア「カフェズ・キッチン」学園長であり、日本カフェプランナー協会会長としてカフェビジネスの発展に力を注ぐ、メニュー開発の仕掛け人・富田佐奈栄氏に依頼し、準備を進めています。プロジェクト参加カフェには、7月上旬の調理事前講習を経て、7月下旬から各店舗においてシリアルモーニングメニューを提供していただく予定です。 「いまブームとなっているグラノラをはじめ、シリアルを食材に多彩なメニューを考えています。新機軸を打ち出したいカフェオーナーにとって、このプロジェクトはチャンスになるのでは」と語る富田氏。

  募集は6月末まで。募集要項や応募方法の詳細は、「ケロッグ シリアルモーニングプロジェクト」ホームページ( http://www.kelloggs.jp/ja_JP/cp201407.html)をご覧ください。

 なお、富田佐奈栄氏は、カフェ業界向け専門展「カフェ・喫茶ショー2014」(6/18~20、東京ビッグサイトで開催)において、最終日である6月20日に店舗経営に関してのセミナー講師を務めることとなっており、同日13時からのセミナー「あなたのお店のメニュー作り」の講演内で当プロジェクトの概要についても紹介する予定です。

■富田佐奈栄氏(日本カフェプランナー協会 会長、カフェズ・キッチン学園長 ) 
 日本女子大学家政学部(食物学科食物学専攻)卒業。某大手洋菓子メーカーを経て、1996年、カフェ開業のビジネススクールのパイオニアとなる「カフェズ・キッチン」を中目黒に設立(2014年5月現在、卒業生の出店は280店舗超)。
 2000年、日本カフェプランナー協会設立、会長に就任。
 主な著書は、『おいしい珈琲を自宅で淹れる本』(主婦の友社)、『私のとっておきイタリアの カフェ&ドルチェ』(産業編集センター)、『カフェ手帳』(旭屋出版)、『カフェズ・キッチン   カフェメニューの参考書』(旭屋出版)、電子書籍『佐奈栄先生のおもてなしカフェ』(千代田ラフト)など。また、テレビ番組出演やメニュー提案などカフェのスペシャリストとして活躍中。
http://www.sanaegakuen.co.jp/about/01.shtml

■日本カフェプランナー協会
 カフェビジネスの向上に資することを目的として、2000年に設立。カフェプランナー、デザートクリエイター、カフェレシピクリエイターなどの資格を認定、資格試験を実施。また、店舗プロデュースやメニュー開発、経営コンサルティングなど、カフェビジネスにおける豊富な経験を活かし、多彩な活動も行っています。
http://www.cafeplanner.net/index.shtml

■米国ケロッグ社について
 ケロッグ社(Kellogg Company)は、取り扱う食品とブランドを通して、世界に豊かさと楽しさをもたらすことを使命としています。1894年にケロッグ社の創設者であるW.K.ケロッグが米国ミシガン州バトルクリークにおいて、保養所の人々のために食物繊維が豊富な穀物や大豆を材料に、食べやすく栄養が豊富な食品としてシリアルの原形となる「グラノーズ」を発明してから 1世紀以上を経た現在では、180カ国以上で事業を展開する世界的な食品メーカーとなっています。2013年の売上高は148億ドルで、シリアルのメーカーとしては世界第1位、クッキー、クラッカー、スナックのメーカーとしては世界第2位の規模を誇ります。

■日本ケロッグについて
 日本ケロッグは、100年以上にわたって「朝食を通じた心とからだの健康」を研究し続けてきた朝食の専門家「ケロッグ」の基本精神を受け継ぎ、1962年に米国ケロッグ社の100%出資の日本法人として設立されました。以来半世紀以上にわたって、太陽と大地の恵みを受けて育った、玄米、小麦、大麦、とうもろこしなどの穀物のエネルギーと、バランスのよい栄養がたっぷり詰まったシリアルを日本の朝の食卓にお届けすることを通じて、お客様の気持ち良い一日のスタートを応援しています。「太陽の恵みで、いい一日をスタート。」という新しいキーメッセージのもとに、新製品や店頭キャンペーンを展開しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング