朝食の専門家 「ケロッグ」、日本カフェプランナー協会とコラボ 栄養バランス満点の朝食を啓発する 「ケロッグ シリアルモーニングプロジェクト」始動 プロジェクト参加カフェ募集!!

PR TIMES / 2014年6月19日 16時53分

 シリアル食品の世界シェアでトップブランドである「ケロッグ」 を日本国内で展開する日本ケロッグ合同会社(本社:東京都港区、代表職務執行者:井上ゆかり)は、日本カフェプランナー協会(会長:富田佐奈栄)とのコラボレーションにより、栄養バランス満点の朝食を啓発するプロジェクト「ケロッグ シリアルモーニングプロジェクト」を始動し、プロジェクトに参加していただけるカフェを募集します。



 朝型生活スタイルへの関心の高まりから“朝活”ブームが生まれ、外で朝食をとる“ソトアサ” が注目されるなど、外食産業においては“モーニング”(朝食メニュー)のニーズが高まっています。一方、「朝食は大事だと思うが、『パンだけ』『おにぎりだけ』といった偏った朝食の人が多く、栄養バランスの整った朝食を食べている人は2割程度」といった調査結果(調査会社のシタシオンジャパン調べ)もあるように、朝食の重要性は認識されつつも、忙しい現代人の朝食事情として、理想的な栄養バランスの朝食を毎朝とるのはなかなか難しいというのが実態のようです。さらに、最近注目され始めた時間栄養学の専門家は「朝食の欠食や栄養バランスの偏った朝食は“朝食時差ボケ”を引き起こす」と警鐘を鳴らしています。

このような状況の中、100年以上にわたり、朝食を通じた心とからだの健康を研究し続け、バラエティー豊かなラインナップでシリアルを提供している朝食の専門家 「ケロッグ」は、”栄養バランス満点の朝食で、元気な一日のスタートを応援したい!“ という想いから、都内のカフェと連携し、シリアルを活用したモーニングメニューを提供することで、栄養バランス満点の朝食を啓発しようというプロジェクトを企画しました。メニュー開発については、カフェ開業スクールのパイオニア「カフェズ・キッチン」学園長であり、日本カフェプランナー協会会長としてカフェビジネスの発展に力を注ぐ、メニュー開発の仕掛け人・富田佐奈栄氏に依頼し、準備を進めています。プロジェクト参加カフェには、7月上旬の調理事前講習を経て、7月下旬から各店舗においてシリアルモーニングメニューを提供していただく予定です。 「いまブームとなっているグラノラをはじめ、シリアルを食材に多彩なメニューを考えています。新機軸を打ち出したいカフェオーナーにとって、このプロジェクトはチャンスになるのでは」と語る富田氏。

  募集は6月末まで。募集要項や応募方法の詳細は、「ケロッグ シリアルモーニングプロジェクト」ホームページ(http://www.kelloggs.jp/ja_JP/cp201407.html)をご覧ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング