メンター・グラフィックス、ヘテロジニアスマルチコア対応組込みソフトウェア開発向け包括的ソリューションを発表

PR TIMES / 2014年7月17日 10時21分

メンター・グラフィックス・コーポレーション(本社: 米国オレゴン州、以下メンター・グラフィックス)は、組込みソフトウェア業界初となる、ヘテロジニアスマルチコアSoC対応の包括的な開発ソリューションを発表しました。



複数の異なる種類のマイクロプロセッサまたはマイクロコントローラを組み合わせるヘテロジニアスアーキテクチャは、最新の組込みシステム開発において接続性と機能を集約することによって、高性能な組込みデバイスを実現します。メンター・グラフィックスは、Linux(R)プラットフォーム、リアルタイムオペレーティングシステム(RTOS)、ベアメタルアプリケーションを含むマルチOS搭載デバイスのコンフィギュレーションから導入やシステム最適化に至るまで幅広くカバーする、統合開発ソリューションを提供します。

メンター・グラフィックスのヘテロジニアスマルチコアシステム向け組込み開発ソリューションには、ネイティブに、あるいはハイパーバイザを通じて実行できる新機能が追加されています。

 ・Mentor(R) Embedded Linux、Nucleus(R) RTOS、、ベアメタルアプリケーション
  向けリモートプロセッサフレームワーク(remoteproc)をサポート。
  ヘテロジニアスSoCコア上のOSおよびアプリケーションのコンフィギュ
  レーション、開発、導入、管理を支援

 ・システムに搭載された各種OS上でVirtIO、rpmsg、マルチコア通信API
 (MCAPI)をスケーラブルに実装し、デバイス内の個々のサブシステムに
  効率的なIPC(プロセッサ間通信)を提供

 ・システムに搭載された各種OSと機能に対する、システム全体を通して同期
  の取れた視覚的なデバッグと性能解析

「次世代のSoCは、現在のホモジニアスマルチコアアーキテクチャをヘテロジニアスコアに拡大することによって、特色のある組込みシステムの開発を可能にします。メンター・グラフィックスにより組込みソフトウェアへの継続的な投資と、ヘテロジニアスマルチコア開発統合ソリューションの発表を受けて、組込み開発者は複雑なヘテロジニアスSoCのメリットを、もっと簡単に最大限活用できるようになります。」Multicore Associationのプレジデントを務め、Internet of Things(IoT)Developers Conference、およびMulticore Developers ConferenceのChairmanを兼任するMarkus Levy氏は、上記のように語っています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング