ポジティブドリームパーソンズと金沢工業大学の産学連携 “感動を科学する”研究結果を学会で発表

PR TIMES / 2014年9月10日 12時7分

~第16回日本感性工学会大会(2014年9月6日)にて~

株式会社ポジティブドリームパーソンズ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:杉元崇将、以下PDP)と金沢工業大学 感動デザイン工学研究所(所在地:石川県白山市 所長:神宮 英夫、以下K.I.T.感動研)は、2012年から取り組みを行っている共同研究の結果を日本感性工学会大会にて発表しました。



PDPは、国内外でホテル、レストラン、ウェディング、宴席、フラワー、コンサルティングのサービスを提供しています。PDPは、自社の提供するサービスに独自に構築した「感動の技術化(※1)」の手法を取り入れ、顧客に想像を超える感動を提供することで<日本No.1の感動創出企業>を目指しています。K.I.T.感動研は、心理学と工学の融合により“感動”を数値化し、産業の各分野への応用研究に取り組んでいます。PDPとK.I.T.感動研は、2012年より産学連携により高い感動を誘発させるサービスの共同開発を目的とした様々な取り組みを実施してきました。結婚披露宴やレストランでの演出やサービスに対する顧客の感動の度合いを測定した2012年の実験(※2)や、2013年の「感動の技術化」にもとづいて制作された映像データの社外モニターによる視聴時の生理機能測定(この年には、心電計、アイカメラを用いた各種データを計測)(※3)等です。

今年度の第16回日本感性工学会大会では、上述の2013年の共同研究の結果をK.I.T.感動研 所長の神宮 英夫氏が中心となり論文として発表しました。論文では、対象のモニター実験により測定した心電・脳機能・瞳孔径の生理機能の数値的変化から、映像を視聴したモニターの心の動きの関連を考察しています。それにより、ヒトの感動は単に興奮だけでなく、興味・関心、情報処理の密度などの多様なこころの動きに関係していることが明らかになったことを発表しています。

学会において発表された内容は、K.I.T.HP【ニュース&トピックス】に次頁の通り発表されています。
※K.I.T.HP【ニュース&トピックス】
http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2014/1197471_3722.html

*********************************************
【 金沢工業大学教授 神宮 英夫 [第16回 日本感性工学会大会]発表内容 】
~プロデュース通りに人は感動しているのかどうか、客観的指標により感動度を測定~

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング