トラベルブック、タビナカ社監修による現地ツアー情報と観光ガイドコンテンツを提供開始

PR TIMES / 2018年9月19日 15時1分

オンライン旅行予約サイト各社との予約連携に加え、公式アカウント開設による情報発信でパートナーシップを強化いたします

トラベルブック株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:長田 龍 以下、トラベルブック)は、同社が運営する旅行商品の料金比較サイト「トラベルブック」において、株式会社タビナカ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:三木 健司 以下、タビナカ)が提供する海外現地オプショナルツアーおよび当該エリアの観光情報について、タビナカの監修による詳細なガイドコンテンツを公開いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/11702/8/resize/d11702-8-289400-0.png ]


トラベルブックとタビナカの戦略的パートナーシップを強化

トラベルブックとタビナカはこれまでも、タビナカが提供する海外現地ツアー商品をトラベルブックのサイト上で紹介し予約連携する協業を行なってまいりましたが、このたびタビナカの公式アカウントをトラベルブックのサイト上に開設し、同社が提供するツアーのプログラム詳細や現地の観光情報についてタビナカ自身の監修によるガイド記事を発信する運びとなりました。両社のパートナーシップを一層強化する取組みとなります。


[画像2: https://prtimes.jp/i/11702/8/resize/d11702-8-731762-4.jpg ]

タビナカ監修のガイド記事 一覧ページ
https://www.travelbook.co.jp/pickup/tabinaka


今回のコンテンツ連携により、海外現地ツアーを検討中の旅行者は、トラベルブックのサイト上でツアープログラムの詳細や当日の様子ほか、現地に拠点を構える事業者だからこそ知り得る観光のポイントなどの情報を閲覧することができます。

またタビナカでは、トラベルブックのサイトを訪れるユーザーに対して直接自社ツアーの魅力やカスタマーサポートの体制について訴求できるほか、トラベルブックが保有するSEO(検索エンジン最適化)の知見や、ウェブメディア上からの予約獲得のノウハウを活用することができ、同社の海外現地ツアー商品の販売促進と集客チャネルの強化を行なうことができます。

トラベルブックでは同取組みをモデルケースとして、今後もオンラインで旅行商品を取扱うOTA(オンライン旅行会社)各社との予約連携に加え、コンテンツ協業も合わせて行なう、戦略的パートナーシップを強化してまいります。


【トラベルブック株式会社について】

ホテルをはじめレンタカーや高速バス、航空券、レンタルWi-Fi、オプショナルツアーといった旅行商品の料金比較機能(メタサーチ)を提供する旅行情報サイト「トラベルブック」を運営しています。「旅行者の意思決定を手助けする」をミッションに、旅行行動において中心となる予約アクションにフォーカスしたツールと実用的な旅のガイド情報を提供しています。

2014年5月に設立以来、各領域のOTA各社との提携を進め、ホテル分野では楽天トラベル、じゃらんnet、JTB、ブッキングドットコム、エクスペディアなど11のホテル予約サイトと連携(2018年8月現在)。国内では最大級となる全世界80万件超のホテル施設の最安値料金を比較検討することができます。

会社概要: http://corp.travelbook.co.jp
トラベルブック: https://www.travelbook.co.jp/
旅人網TravelBook(台湾版): https://travelbook.com.tw/


【株式会社タビナカについて】

「タビナカ(旅中)」のアクティビティ予約・販売事業を行なっています。「地球上の観光資源にアクセスする仕組みを創る」をミッションに掲げ、海外に子会社を持ちながら多拠点で事業を展開しています。

※旅行市場はフェーズごとに「タビマエ(旅前)」「タビナカ(旅中)」「タビアト(旅後)」の3段階に分類することができ、さらに移動、宿泊、食事、アクティビティ、お土産の5分野で構成されています。

会社概要: https://corporate.tabinaka.co.jp/
タビナカ: https://tabinaka.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング