徳川家の末裔も愛用? あの「天下分け目の戦い」をポップによみがえらせた「関ヶ原Tシャツ」を着て天下を取るでござる

PR TIMES / 2016年8月30日 11時53分

慶長5年9月15日に起きたとされる「関ヶ原の戦い」。この戦いに加勢した武将を、ポップなアイコンで表現したTシャツが株式会社戦国より発売されました。

株式会社戦国(愛知県名古屋市緑区桶狭間上の山八三九番地 代表取締役 総大将 美崎栄一郎 )は、「関ヶ原Tシャツ」の発売を開始いたしました。◆株式会社戦国(http://sengoku.nagoya)



関ヶ原の戦いは、安土桃山時代の慶長5年9月15日に、美濃国不破郡関ヶ原(岐阜県不破郡関ケ原町)を主戦場として行われた野戦です。この戦いで争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍。

今回は、その東軍と西軍の各武将をTシャツ上でアイコン化いたしました。

[画像1: http://prtimes.jp/i/17413/8/resize/d17413-8-321275-1.jpg ]


白と黒のシンプルな配色にもかかわらず、ジャパニーズモダンな表現で、老若男女を問わず幅広く着こなしていただけるデザインに仕上がっています。

サイズはS/M/L/XLの4種類で、それぞれ5000円(税抜)で販売しています。

[画像2: http://prtimes.jp/i/17413/8/resize/d17413-8-159842-12.jpg ]



【 東軍の末裔も着用!】

株式会社戦国は、2016年8月27日に東軍の総大将である徳川家康の末裔、徳川家広氏とのトークイベント「合戦」を開催しました。

その際、同じく東軍の本多忠勝氏の末裔である本多平学氏にもご参加いただき、お2人に「関ヶ原Tシャツ」を着用いただきました。

[画像3: http://prtimes.jp/i/17413/8/resize/d17413-8-450477-2.jpg ]


他の武将の末裔も見つけだし、いずれ全ての方に着用いただこうと考えています。


【 アイコン化した武将たちと、選出した理由 】

アイコン化した東軍と西軍の各武将について、簡単に解説いたします。

[画像4: http://prtimes.jp/i/17413/8/resize/d17413-8-670520-3.jpg ]

・本多忠勝……言わずと知れた、徳川随一の猛将です。
・福島正則……関ヶ原の合戦でも先陣争いで活躍した武将です。
・井伊直政……来年の大河ドラマ「井伊直虎」の養子です。
・細川忠興……文化人にして気性も荒い、数寄な大名です。
・小早川秀秋……関ヶ原の勝敗を決定付けた19歳の若者です。
・徳川家康……野戦は百戦錬磨の東軍総大将です。
・黒田長政……黒田官兵衛譲りの謀略で、西軍を欺きました。
・藤堂高虎……戦国の世における、世渡り上手といえる武将です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング