低コストですぐに利用できるドローン無人運用支援サービス「OceanMesh」

PR TIMES / 2020年10月5日 9時45分

5.7GHz帯の高速データ無線を利用し、離島や山間部の地域課題を解消

株式会社かもめや(社長:小野 正人、本社:香川県高松市)は、ドローンをはじめとする無人移動体運行に必要となる無線機器をハイテクインター株式会社(社長:旦尾 紀人、本社:東京都渋谷区)より調達し、無人移動体運用包括支援システム「OceanMesh(オーシャンメッシュ)」サービスの提供を開始しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/22716/8/resize/d22716-8-253552-7.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/22716/8/resize/d22716-8-515377-8.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/22716/8/resize/d22716-8-577626-9.jpg ]

離島や山間部をはじめとする過疎地域においては、少子高齢化の影響で物流や医療面での課題が急増しています。船はあっても操縦士が不足して船が出せない、医師や医薬品、医療機器・設備が足りないといった課題があります。また、無人飛行を行う際に通信キャリア網を使いたくても、離島や山間部は通信環境が整っていない場所も多く、運用調整や費用と合わせ高いハードルとされてきました。

そこで、かもめやは、これらの課題を解決する無人移動体運用包括支援システム OceanMesh サービスを8月より提供開始いたしました。OceanMesh の最大の特徴は「広帯域・低遅延・常時接続が可能な高品質の移動体通信ネットワーク」を素早く、低コストで構築できることです。 5.7GHz帯の小型基地局を地上に設置し、ドローンに搭載されたカメラと無線伝送装置(MPU5)によって、気象データをはじめとするさまざまな運行状況データのリアルタイム監視を実現します。ハイテクインターの無線伝送装置(MPU5)は、映像とテレメトリデータ(遠隔地の測定データ)を同時多接続かつ、メッシュ・マルチホップでこれまでにない長距離・広範囲で送受信することができる国内唯一の機器です。これにより、無人物流を実装するために国土交通省が出している「目視外/補助者なし運用」における 1.周辺の気象状況の常時監視 2.機体周囲状況確認の両条件をクリアし、ドローン目視外運用に必要となる仕組みをワンストップで提供することができるようになりました。

7月30日には、あいおいニッセイ同和損保と香川大学と共同で香川県三豊市・粟島間の無人ドローン遠隔診療実験に成功しています。
[画像4: https://prtimes.jp/i/22716/8/resize/d22716-8-512074-11.png ]


株式会社かもめや
https://www.kamomeya-inc.com/
「24時間365日どこに住んでいても、いつでも人やモノが自由に行き交う日常」を目指しています。過去に離島で暮らしていた経験から離島の現実を知り、不便な離島でもコンビニやドラッグストアがあるのと同じような利便性が得られれば、自然環境と利便性が調和された、これまでと違った新しい暮らし方ができる場所になればという思いから、無人物流システムの開発をスタートしました。このたび、令和2年度「国土交通省スマートアイランド推進実証調査」の「香川県三豊市(粟島)」に参加することが決定しました。

ハイテクインター株式会社
https://hytec.co.jp/
無線機器を提供するハイテクインターは、主に産業用無線通信機器・システムを官公庁・インフラ・防犯・工場・プラント等のお客様に計13万台以上提供。OceanMesh に利用されている「MPU5」は5.7GHz帯の無人移動体画像伝送システムとして日本国内で利用可能な最大150Mbpsの高速データ無線伝送を可能にします。軽量でドローンにも搭載でき、高精度映像の伝送のみならず、ロボット制御の信号の送受信も同時に行うことが可能で、低コストで衛星の代用としても利用可能です。
[画像5: https://prtimes.jp/i/22716/8/resize/d22716-8-242964-12.png ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/22716/8/resize/d22716-8-310920-13.png ]


アメリカのように広い敷地においてはドローンだけでの配送も可能ですが、日本では現実的ではありません。陸・海・空すべてを融合したハイブリッドの無人物流プラットフォームが必要だとかもめやは考えます。今後は、本サービスを日常的に自治体や山間部の宿泊施設/イベント会場でご活用いただくだけでなく、災害時にもご利用いただき、非常用の通信インフラ配備などにもご活用いただけるようにしていく予定です。また、将来的には、このプラットフォームを離島の多いアジア諸国にも展開し、各国の地域課題の解決に役立てることができたらと思っております。

大変お忙しいとは存じますが、この件につきましてご取材いただき、報道のお力でより多くの皆さまへ届けるきっかけとしていただけましたら幸いです。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング