1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「大宮駅東口大門町3丁目中地区市街地再開発事業」都市計画決定(都市再生特別地区等)のお知らせ

PR TIMES / 2023年12月8日 17時15分

 大宮駅東口大門町3丁目中地区市街地再開発準備組合(理事長:逸見裕一、2022年4月設立)が推進する「大宮駅東口大門町3丁目中地区市街地再開発事業」は、本日、さいたま市より、都市計画決定(都市再生特別地区等)の告示を受けました。なお、都市再生特別地区の制度活用は、埼玉県下初の取り組みとなります。



 本準備組合の構成企業(大宮ガレージ株式会社、大宮製油合名会社、株式会社埼玉りそな銀行)は、これまで半世紀以上にわたり計画地において、地域に根ざして事業を営んできました。その後、建物老朽化や道路拡幅整備事業(氷川緑道西通線)を契機に、2015年頃より一体再開発の検討に着手し、2021年度に開催したプロポーザルコンペで事業協力者(第一生命保険株式会社、株式会社竹中工務店)を選定した上で、各社が有するノウハウを生かし、計画検討を進めてきました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/30225/8/resize/d30225-8-e886c2801a12859c495d-0.jpg ]


 本事業の計画地は、都市再生緊急整備地域(大宮駅周辺地域)内に立地するとともに、東日本の広域交通拠点である大宮駅東口周辺の商業・業務集積エリアと、氷川参道周辺の緑豊かな住宅エリアの結節点に位置しています。このような立地特性を踏まえ、新施設は高水準の環境・ウェルネス性能を備えたオフィスを中心に構成しながら、低層部には銀行・店舗と緑溢れるオープンスペースを設けることで、さいたま市が推進する「グリーンインフラの形成」や「ウォーカブルなまちづくり」に貢献するとともに、オフィスワーカー/地域住民の方々へ、新たなワーク/ライフスタイルを提供することを企図しています。

 本準備組合は、今後、再開発組合設立・事業認可を目指し、引き続き活動を進めてまいります。




[画像2: https://prtimes.jp/i/30225/8/resize/d30225-8-b8f7e96fd28019efc8c5-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/30225/8/resize/d30225-8-54f93e4e5561b0e23e5f-2.jpg ]




[画像4: https://prtimes.jp/i/30225/8/resize/d30225-8-cc9cbb797eb0972be37a-3.jpg ]


[画像5: https://prtimes.jp/i/30225/8/resize/d30225-8-440c4d49e738deefb0d5-4.jpg ]

*本資料中の記載・イメージパース・スケジュール等は現在計画中の内容であり、今後変更が生じる可能性がございます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください