K.S.ロジャース、日本の新しい価値創造を加速する「スタートアップスタジオ」事業を開始

PR TIMES / 2020年7月29日 9時40分

日本国内の経験豊富なエンジニアを抱えるK.S.ロジャースが女性の複業支援プラットフォーム運営の「モノクロム」へ出資し業務提携

スタートアップ、ベンチャー企業、大手企業の新規事業支援や新規サービス開発支援を行うK.S.ロジャース株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長CEO 民輪 一博、以下「K.S.ロジャース」)は、ベンチャー企業向けにスタートアップスタジオ事業を開始し、支援先である株式会社モノクロム(本社:東京都渋谷区、 代表取締役社長:筒井まこと、以下「モノクロム」)に出資し業務提携を行いました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/40108/8/resize/d40108-8-625803-0.jpg ]


■スタートアップスタジオ事業を展開する背景

昨今、ITを軸としたスタートアップの台頭や、今までITサービスを提供してこなかった大手企業が顧客接点をITで持つようになるなど、IT事業が加速し、自社でエンジニア組織を持とうとする企業が増えてきました。

しかしながら、エンジニア不足や初期のインフラ構築からフロントサービスを提供する技術力不足により事業推進が鈍化してしまうなどの課題が生まれています。
K.S.ロジャースはこのような課題を解決するため、開発するための「ヒト」の提供やシステム開発という「モノ」の提供を行ってきました。
ベンチャー企業のサービスを成長させていくためには、「ヒト」、「モノ」の提供だけでなく、資金支援「カネ」の部分を提供することで事業を成長するために必要な様々なリソースを提供する必要があるという結論に至りました。
今回、「スタートアップスタジオ事業」では、エンジニアリソースの提供、システム開発の提供、業務提携を踏まえた資金支援をすることで、新規事業成長に踏み込み、事業開発やセールス支援など、総合的にサポートする体制を整えました。
「スタートアップスタジオ事業」により新興ビジネスが加速し、日本に新しい価値を創造しよりよい社会を作っていきたいと思っています。

■スタートアップスタジオ事業第一弾としてモノクロムへ「開発体制の強化」のための資金支援を行い業務提携へ

今回、スタートアップスタジオ事業として、女性の複業支援プラットフォーム「週末モデル」( https://weekend-model.com/ )を展開するモノクロムへ出資し業務提携いたしました。週末モデルは、私らしく働く自由をコンセプトに会社員、看護師、主婦などの職を持ちながら、モデル活動をはじめとした複業に取り組みたい女性と、そんなリアルで魅力的な女性をキャスティングしたい企業をアプリ・ウェブ上でマッチングするサービスです。

今まで、モノクロムへは、システム開発の開発支援、開発チームの構築やプランニングのコンサルティング支援を行っており、「開発体制の強化」を加速するために資金支援をいたしました。IT人材の副業サービスが多い中、女性の副業(モデル)にフォーカスしており、新しい価値を世の中に生み出すことができるよう開発体制をより強固なものにしていきます。
[株式会社モノクロム コメント]

当社が運営する「週末モデル」がプラットフォームとして大きく成長していく中で、システムの開発・改善に一段とアクセルを踏む必要がある状況が続いております。そのような状況下、普段から開発面でご支援いただいているK.S.ロジャース様とより強固な関係を築くことで、資金面だけにとどまらず開発の面においてより一層の協力体制が得られると考えております。

■K.S.ロジャースが提供するスタートアップスタジオとは

スタートアップを取り巻く人材不足、技術不足、資金不足などの課題を解決します。0→1のプロダクト開発はもちろんのこと事業をグロースさせるための体制作りなど企業の伴走者として事業を加速させていくためのヒト・モノ・カネを提供します。
また、オフショアとして海外で開発リソースを持つ企業が増えている中、K.S.ロジャースの持つエンジニア組織の特徴は日本国内のエンジニアで構成されています。フルリモートワークのなど多種多様な働きやすい環境を追求しており、日本国内の経験豊富でスキルフルなエンジニアが開発支援を行います。

【主な支援内容】
・資金提供
・ビジネスモデルの構築、ブラッシュアップ
・開発リソースの支援
・エンジニア組織育成のノウハウ
・サービスリリース後のカスタマーサポート、セールス体制構築

■スタートアップスタジオとは

次から次へとイノベーションを創出することを目的とした新しい支援組織がスタートアップスタジオです。専門家によるメンタリングや資金提供など部分的なサポートに終始しがちなVCやアクセラレーター、インキュベーターとは異なり、スタートアップを生み出す上で必要となる重要なファンクション(資金・人材、事業設計、マーケティング、エンジニア・デザイナー等)を内製化し、トータルでサポートできることが特徴です。

多くの場合は、サポートの対価として株式を取得し、経験豊富なプロフェッショナルメンバーがプロジェクトチームを組んで主体的にコミットして動ける部分が強みであり、新たなイノベーション創出モデルとして世界中で注目を集めています。

参照: https://bizzine.jp/article/detail/1816

■K.S.ロジャース株式会社について  https://ks-rogers.co.jp/
[画像2: https://prtimes.jp/i/40108/8/resize/d40108-8-210756-1.png ]


創業以来、「エンジニアにとって働きやすい環境の追求」を掲げ、フルリモートワーク・フルフレックス・副業可などの新しい働き方に挑戦してきました。様々な業界、プロダクト、規模の経験を持つCTO、PM、テックリードなど約70名のエンジニアが所属しています。
K.S.ロジャースは単なる技術者としてではなく、技術的な知見から事業全体の健全なサイクル創出する外部CTOとして、ビジネスの内部に入り込み事業の成功にコミットします。

会社名:K.S.ロジャース株式会社
代表者:代表取締役CEO 民輪 一博
設立:2017年12月
所在地:兵庫県神戸市
事業内容:新規開発・運用支援事業、CTOコンサルティング事業、開発ファンド事業、スタートアップスタジオ事業

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング