デジタル系幹部のサブスク「シェアボス」と「CIOシェアリング協議会」が提携、CIO人材のブランディングと認知向上を推進

PR TIMES / 2019年11月25日 13時15分

企業で不足するCIO人材をシェアリングエコノミーで解決



[画像1: https://prtimes.jp/i/45311/8/resize/d45311-8-936552-0.png ]

デジタル系経営幹部人材をサブスクリプションで提供するサービス「シェアボス」は、CIO人材のシェアリングを推進する「CIOシェアリング協議会」と連携し、同協議会に所属する個人会員のブランディングを支援していくことを発表いたします。

この連携により、CIOシェアリング協議会に所属する個人会員 (CIO、CIO候補) は自身の職歴やスキルをシェアボス内の専用ページに無償で掲載することができるようになります (登録・掲載は任意)。

【掲載イメージ】
シェアリング協議会理事 GPTech 坂本 俊輔氏
https://shareboss.net/p/boss/shunsuke-sakamoto/

■掲載された個人は検索で上位表示
シェアボスは個人名検索でGoogle上位表示される独自のアルゴリズムを採用しているため、掲載された個人は自分の実績や強みをインターネット上で効果的にPRすることができます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/45311/8/resize/d45311-8-583498-1.png ]


■連携でソリューションに厚み
シェアボスは、企業から寄せられる案件相談のうち大規模ITシステムやデジタルトランスフォーメーションを要するものについてはCIOシェアリング協議会と連携することでより高度で専門性の高いソリューションを提供できるようになります。

■CIOシェアリング協議会とは
CIOシェアリング協議会は、企業のIT投資の成功のため、CIO系人材がより活躍できる社会の実現を目指し設立された任意団体。

理事 :
木場 武政(チューリッヒ保険株式会社 ITサービス本部長CIO)
坂本 俊輔(株式会社グローバル・パートナーズ・テクノロジー代表取締役社長、政府CIO補佐官)
長谷川 秀樹(株式会社メルカリ執行役員CIO、Rockesta Inc. 代表取締役社長)
船田 尚(元ユービーセキュア代表取締役、4社のCISO補佐・セキュリティアドバイザーを兼任)

協会URL : https://cio-sharing.org/

■シェアボスとは
デジタル系に強い経営幹部シェアリングサービス。CIOをはじめ、CMO・CTO・COOなど、上場企業や有名ベンチャーの実務経験者を月20万円からレンタルでき、プロジェクト進捗や相性によって何度でも入れ替えられる。戦略コンサルと違って実務に強く、顧問サービスに比べて若くデジタル系に強いのが特徴。
[画像3: https://prtimes.jp/i/45311/8/resize/d45311-8-911905-2.png ]

サービスサイトURL : https://shareboss.net/

運営会社 :
カーマンライン株式会社
渋谷区代々木3-29-7 KANEKO BLDG202
PR問い合わせ先 : pr@karmanline.co.jp

■ボスとしての掲載ご希望の方はこちら
ボスエントリーフォーム : https://shareboss.net/request-form/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング