株式会社LIANBABYが日本企業の「小紅書」(RED)ブランド公式アカウントの開設・運営代行新サービスを発表!

PR TIMES / 2020年7月22日 19時40分



 日本最大級の中国人女性コミュニティー「一般社団法人美ママ協会」((R)Meilimama)(以下、美ママ協会)を運営する株式会社LIANBABY(本社:東京都中央区、代表取締役:李佳霖(リ カリン))は、2020年7月22日に中国でも最大級のユーザー数と影響力を持つECアプリ「小紅書」(RED)で日本企業のブランド公式アカウントの開設・運営新サービス「小紅書運営代行」(以下、本サービス)を発表いたしました。

[画像: https://prtimes.jp/i/47255/8/resize/d47255-8-982856-0.jpg ]


【本サービス内容・特徴】
 弊社はこれまでRED、WeChatなど一連の専門的かつ定期的なSNSコンテンツ運営を通じて、フォロワーを獲得するためのノウハウを蓄積してきました。中国初進出の商品でも、ブランドコンセプトを少しずつ消費者に伝え、商品の最新情報や活動状況を日々紹介することで、消費者やフォロワーに最新動向の啓蒙活動を行ってきました。

 私達はお客様と日本人/中国人スタッフと一丸となって中国市場でのゴールを見出し、共有しそれ以上の効果を出すことを目標に活動しています。在日中国人KOL(Key Opinion Leader)をマネジメントし、現地のSNS事情を最も理解しているサイト運営スタッフが、「小紅書」(RED)のブランドアカウントと、企業公式アカウントの開設から運営、越境ECモール運用までワンステップでマーケティング支援を行うサービスです。

 更に、日本最大級の中国人女性コミュニティー美ママ協会ならの特徴として、女性の視点から視聴者の心を掴むトークショーとともに、ブランドの魅力及び、商品情報を中国人女性に届けています。また、美ママ協会では、企業公式ブランドアカウントの開設・運営だけではなく、自社のアカウント「美麗賞」も運営し、様々な高品質な商品を紹介することで、「小紅書」(RED)運営の豊富な経験を積んできました。


【本サービス開発背景】
 新型コロナウイルス感染拡大につれて、休業や営業時間の短縮など感染拡大予防策の実施が続く中、客が激減する日本の小売業界、特に中小企業は前代未聞の影響を受けています。世界でも最も早く長時間の休業を強いられる対策をとる中国はこの特殊な時期を機に、一気にライブ配信販売時代に突入しました。中国におけるライブコマース市場は2017からスタートした若い市場ですが、驚くべき成長を遂げ、爆発的に拡大しています。2017年わずか190億元の市場規模は2020年上半期になるとすでに9,610億元に達しました。実店舗が対応できない中、ライブ配信が多くのトップ企業に自社会員の活性化、ブランドPR、消費者とのコミュニケーションツールと位置付けられ、事業再開の取り組みの一環として重視されています。

 そのうち、商品レビュー、及びライブコマース領域では、特に「小紅書」(RED)は急成長しています。「小紅書」(RED)を通じて、企業ブランドイメージの好感度をアップし、消費者に愛される企業ファンづくりにも貢献しています。弊社では、日本ブランドのアカウントの運営代行の実績を活かし、これからより多くの日本ブランドのために、信頼性が高い情報やサービスを提供して、RED運営代行をしてまいります。


------------------------------------
「小紅書」(RED)とは
 ダウンロード数3億人の超え、月間アクティブユーザー数1億人、リピーター率は48.7%を持つ、中国最大級の口コミECアプリです。ユーザーの8割が女性、かつ20代のユーザーが7割、都市部在住で可処分所得が高いユーザーが多いです。日常生活にまつわる口コミ投稿型のSNSであり、直接商品を購入することが可能なEC機能も備えています。「小紅書」(RED)で検索することが一般化しており、消費行動に大きな影響を与えています。

■一般社団法人美ママ協会((R)Meilimama) 概要
 株式会社LIANBABY(本社:東京都中央区、代表取締役:李 佳霖(リ カリン)が運営する、一般社団法人美ママ協会は、2020年7月現在合計約600万人以上のファンを持つ日本最大級の中国人女性コミュニティーです。2012年の設立以来、化粧品メーカー、育児用品メーカー、商業施設、地方自治体などに関するクオリティの高いライフスタイルの情報や、メイド・イン・ジャパンの優れた商品・サービスの情報を本国に住む中国人女性や在日中国人女性に届けています。
WEBサイトURL: https://lianbaby.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング