東京都が提唱する「テレワーク東京ルール」の実践企業に認定されました。

PR TIMES / 2021年2月10日 18時15分

株式会社船場は2021年2月7日、東京都が提唱する「テレワーク東京ルール」の実践宣言に賛同し、実施企業として宣言を行い認定されました。



船場では、2019年より働き方改革に注力してまいりましたが、2020年3月以降のコロナウィルス感染拡大の状況を踏まえデジタル・トランスフォーメーション(以下DX)を加速。初めて一都三県に緊急事態宣言が発令された2020年4月の本社平均出社率は26.6%。2020年4月~2021年1月までの本社平均出社率は39.2%となっています。今回船場が宣言したテレワークルールは以下の通りです。

【船場のテレワークルール】
・ 在宅勤務や時差出勤を推奨し、社員のワークライフバランスを実現
・ サテライトオフィスの活用などによる多様なリモートワークを実現
・ DXの推進により、働き方改革を加速

[画像: https://prtimes.jp/i/52529/8/resize/d52529-8-747013-0.jpg ]


「テレワーク東京ルール」実践企業宣言とは
テレワークの定着・浸透に向け、東京都が公労使で普及推進に取り組んでいる「テレワーク東京ルール」の5つの戦略(働き方改革、危機管理、ビジネス革新、人材活用、地域振興)を踏まえ、企業が「我が社のテレワークルール」を設定・宣言する制度です。(公式サイト: https://www.telework-rule.metro.tokyo.lg.jp/

【船場について】
商業施設をはじめオフィスや教育・文化施設等の様々な空間創造において、企画・設計・施工・メンテナンスまでをトータルでサポートしています。「働き方と考え方をTransformする」を基本戦略に内装業界におけるデジタルトランスフォーメーションを推進しています。

社 名:株式会社船場 カブシキガイシャ センバ
所在地:東京都港区芝浦1‐2‐3シーバンスS館9階
上 場:東京証券取引所市場第一部(コード番号:6540)
主な実績:
Firsthand RAYARD MIYASHITA PARK/設計・施工、GREEN SPRINGS/企画
大阪大学豊中キャンパス大学生協食堂/設計・施工、VOYAGE GROUP OFFICE/設計・施工

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング