【新商品】“約5割が展示会中止で商談機会を損失“リアル展示×オンライン・テクノロジー活用した「新しい展示会のかたち」サポートプラン販売開始

PR TIMES / 2020年8月7日 19時15分

株式会社マックスパート(東京都千代田区丸の内、代表取締役社長 片山 達哉)は、企業の展示会・プライベートショー開催に向けてのサポートプランを2020年8月7日販売開始いたします。オンライン・テクノロジーを活用し、展示会の「新しいかたち」をご提案いたします。リアル展示会の実施から、事前集客や商談・販売促進までそれぞれのシーンにおいて、企業の取り組みを支援するプランを展開いたします。
(商品詳細ページ: https://www.fukuracia.jp/hybrid-exhibition/)



新サービス「新しい展示会のかたち」販売開始の背景
新型コロナウィルスの影響で、多数の合同展示会やイベントが中止になりました。
一般社団法人日本能率協会の調査結果を確認すると、約5割が“展示会、イベントの中止で新規顧客の獲得機会を損失”したと回答するなど、営業活動へも打撃が広まっております。そしてこれからのビジネスのためには「オンライン」を活用した施策が多く上がっており、今後は企業において積極的にオンラインを活用した営業が展開されていくことが分かりました。また、次いで「専門性の高い小規模のリアルマッチングイベント(商談会・展示会)」を積極的に利用していきたいという声も続いており、“専門性”“小規模”という新しい要素を加えて継続的に展示会を活用していきたいというニーズを伺い知ることが出来ます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/56097/8/resize/d56097-8-220977-0.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/56097/8/resize/d56097-8-659976-1.png ]

(出典元:一般社団法人日本能率協会「新型コロナウイルス感染症に関連するビジネスパーソン意識調査結果」)

この新型コロナウイルスがもたらした社会的課題に対し、株式会社マックスパートはニューノーマル時代対応「新しい展示会のかたち」に対してのサービスを提供することで、企業のビジネスチャンス創造に貢献いたします。

展示会の今までと、これから
<今までの展示会>
・大規模な合同展示会で集客、実施
・出展社はその一区画に、ブース(小間)で出展
・来場者は多い、ただし全てが見込み顧客というわけではない
・新型コロナウイルスの影響で、「3密」の発生を避け開催が中止となっている

今までの展示会は、大規模イベントで参加者が多いというメリットはあるものの、現状では課題とデメリットが発生している状況になっています。よってこれからは、今までのリアル展示会の良い部分と、現状発生している課題を解決したかたちで、商談の場を創っていく必要があると私たちは考えています。

<これからの展示会>
以上を踏まえ私たちは、リアル展示×オンライン・テクノロジー活用の新しい展示会のかたち『ハイブリッド型』展示会・プライベートショー開催をご提案、そしてサービスを展開して参ります。

『ハイブリッド型』展示会・プライベートショーとは、小規模で感染症対策をとった「リアル展示会」と同時に、「オンライン」を活用した展示会中継やオンラインセミナーの配信、さらに「デジタル」、とりわけXR技術(MR・VR・AR)を活用した商品展示方法で実施する展示会の新しいかたちです。
直接製品を見ていただき商談できるというリアル展示会の良い部分と、全国各地・海外と、どんな場所いるお客様ともビジネスチャンスを創造できるオンラインの良い部分を併せ持った、成果にこだわったかたちでもあります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/56097/8/resize/d56097-8-800879-2.png ]

またデジタル(XR技術)が持つ強みとして、今まで物理的に会場へ搬入することが難しかった製品をバーチャルで展示し、お客様にご覧いただけるという点が挙げられます。紙などでのご説明と比べて、よりリアリティを顧客と共有した状態で話が出来、お客様の印象にも残りやすく商談精度も向上します。加えてこの展示方法自体が「新体験」であり、展示会への集客にも繋がるという側面も合わせ持ちます。

[画像4: https://prtimes.jp/i/56097/8/resize/d56097-8-737809-3.png ]

会場の費用感の比較においては、多くの合同展示会が出展するにあたり一小間(20平米程度のスペース)おおよそ50万円前後が相場となっております。つまり平米単価に換算すると25,000円。今回ご提案する会場、一例としてフクラシア八重洲の平米単価は、それと比較して約10分の1程度でご提供可能であり、格段にコストパフォーマンスよくご実施いただけます。

「新しい展示会のかたち」ハイブリッド型展示会・プライベートショー「サポートプラン」概要
展示会・プライベートショーの「実施」、合わせて「事前集客」や「販売促進」の面で各種サポートプランを展開いたします。
[画像5: https://prtimes.jp/i/56097/8/resize/d56097-8-132389-4.png ]

<サポートプラン概要>
■会場提供、ならびに実施に向けての打合せから当日運営のコンシェルジュサポート
■オンラインセミナー、展示会中継などの配信サポート
■XR技術(MR・VR・AR)を活用したデジタルコンテンツ作成サポート
※XR技術を活用したコンテンツは、協力会社への委託制作となります。
お客様のご希望をお伺いしながら企画から制作までご提案いたします。
(デジタルコンテンツ制作協力会社:株式会社大伸社ディライト https://d-delight.jp/ )
■オンデマンド配信、撮影サポート

サービスに関して詳細はホームページをご覧ください
https://www.fukuracia.jp/hybrid-exhibition/

“ニューノーマル”新しいこれからの時代において、企業活動は大きく変革を求められています。ただし、新しいやり方・仕組み、またリアル・オンライン問わず、変わらず必要になってくるのは顧客との「コミュニケーション」であると私たちは考えます。株式会社マックスパートは6500社以上の企業催事の提案と実施の経験とノウハウがございます。これからも新しいやり方への提案や、オンライン・テクノロジーを活用したサービスの提供・支援を通して、企業と顧客との「価値のあるコミュニケーションの創造」と、それによる企業の売上創造に貢献し続けます。

[本件に関するお問合わせ先]
■会社名:株式会社マックスパート
■URL: https://www.maxpart.co.jp/
■本社所在地:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-5丸の内北口ビルディング15F
■代表取締役社長:片山達哉
■担当:マーケティング・商品企画・広報担当
■電話番号:03-5542-1235
■MAIL:fukuracia@maxpart.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング