1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【9月7日開催】「現論会代表」柳生好之が西大和学園で「東大現代文」の授業を実施!

PR TIMES / 2021年8月31日 19時15分

現代文講師柳生好之は西大和学園で、高等部と中等部の生徒を対象に東大現代文対策の授業を実施することになりました。東京大学合格を目指す生徒達に、この授業を通して合格への道筋を示すことを目指します。



■講義詳細

 東京大学は特殊で例外的な文章を出題することはなく、極めて原理原則に忠実で理路整然とした文章を出題してきます。ただし、その文章を正しく整理して理解するためには、原理原則を知る必要があります。私の授業では国語の原理原則である「文法」「論理」を前提にした解説を展開します。日本トップレベルの進学校である西大和学園の生徒たちに最高の授業を提供いたします。

■西大和学園について

 西大和学園は、奈良県北葛城郡河合町に所在し、中高一貫教育を提供する私立中学校・高等学校。文部科学省から「先進的な理数教育を実施する高等学校」として「SSH(スーパーサイエンスハイスクール)」の指定を受けている全国屈指の進学校である。2020年度大学入試では、東大合格者は76人を達成している。東大合格者数全国第6位。

[画像1: https://prtimes.jp/i/56812/8/resize/d56812-8-8163062775aa97632a63-2.png ]

■講師プロフィール

[画像2: https://prtimes.jp/i/56812/8/resize/d56812-8-0a29ae731b7885c8c133-1.jpg ]



 東進ハイスクールなど大手予備校勤務やZ会東大京大コース問題制作を経て、リクルート「スタディサプリ」に参加。東大・京大・早大・難関国公立大・難関私立大・大学入学共通テストなどの受験対策講座を多数担当している。
「文法」「論理」という客観的ルールに従った読解法を提唱し、誰でも最短で現代文・小論文ができるようになる授業を行う。その極めて再現性の高い読解法により、東大など最難関大学を志望する受験生から現代文が苦手な受験生まで、幅広く支持されている。
 自身が代表を務める難関大受験専門塾「現論会」では、「最小の努力で、最大の結果を」を教育理念に掲げ、オンライン映像授業や参考書などの効果的な活用方法を指導。志望校合格に向かって伴走するコーチング塾として、全国の受講生から高い評価を獲得している。

【現論会について】
「受験は計画が9割」というコンセプトで、参考書と映像授業を組み合わせた独自のカリキュラムと徹底した学習コーチングで生徒の成績を引き上げる学習塾。東大生や医学部などの難関大現役生による親身な伴走に加え、全科目毎日の学習計画を作成。添削課題や実力テストなども含め受験生をトータルサポート。
HP : https://genronkai.com/
お問い合わせフォーム : https://genronkai.com/contact-us/

<本件取材・執筆依頼のお問い合わせ>
本件に関する取材や、近年の受験事情に対する執筆依頼など関係するお問い合わせは以下の連絡先までお寄せください。
担当:太田悠斗(株式会社言楽舎)
Mail:yuto_ohta@gengakusha.jp

<会社概要>
社名 :株式会社言楽舎
代表者 :柳生 好之
設立年月日:2014年2月18日
本社 :東京都新宿区西新宿7-18-19 佐竹ビル4階
e-mail:yoshiyuki_yagyu@gengakusha.jp
事業内容:学習塾(現論会)の運営、出版等
URL: https://genronkai.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング