1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

地産来消を完全実現。梅・みかんなど和歌山の食材を使用した飲料とお菓子を、オールインクルーシブで宿泊客に提供

PR TIMES / 2021年11月4日 16時45分

熊野古道の一棟貸し宿「SEN.RETREAT TAKAHARA」で開始

和歌山県の世界遺産・熊野古道沿いにある一棟貸し宿「SEN.RETREAT TAKAHARA」(田辺市中辺路町高原)は、和歌山産の食材を使用した飲食物を、オールインクルーシブで提供するサービスを11月4日、開始します。また、和歌山県民を対象にした県内宿泊施設の割引キャンペーン「わかやまリフレッシュプラン」が、11月11日宿泊分からご利用可能になります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/75785/8/resize/d75785-8-16f96fa65262c36f132f-23.png ]


熊野古道の参詣道「中辺路ルート」沿いの山間に位置する「SEN.RETREAT TAKAHARA」は、地方創生を理念に掲げ、2021年10月8日に開業しました。
「地方創生のため、地産来消を実現したい」との思いのもと、この度、和歌山産の食材を使用しているお菓子13種と飲料16種をオールインクルーシブでご提供するサービスを導入します。
お宿に常備しているドリンク類とお菓子の料金は宿泊料金に含まれているため、好きなだけ召し上がっていただくことができます。食べきれなかった分はお土産としてお持ち帰りいただくことも可能です。

地場産品を地元住民が消費する「地産地消」から、他地域から訪れた人が消費する「地産来消」も可能な限り実現していきたいと考え、このサービスを開始することになりました。
“オール和歌山”の地物で、熊野古道の旅に彩りを添えます。



ドリンク・お菓子紹介


[画像2: https://prtimes.jp/i/75785/8/resize/d75785-8-2315ce559e57d0db71c5-25.jpg ]


お菓子は紀州銘菓のかげろうやドライフルーツのみかんなど定番のものをはじめ、紀州備長炭そっくりの黒いクッキーや、創業100年超の老舗醸造元が作る醤油ラスクなど、和歌山ならではの珍しいお菓子もご用意。
ドリンクは田辺産のクラフトビール「ボイジャー」や地酒、梅ワインなどのアルコールのほか、じゃばらサイダーや柚子ジュースなどのソフトドリンクもご提供しています。

 アルコール・ソフトドリンク一覧

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/75785/table/8_1_6f9b3cea710c7b07ddc4eb66b27e6380.jpg ]


 お菓子一覧

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/75785/table/8_2_6133b20d9f2668f59cbb78ae0c4e932b.jpg ]


[画像3: https://prtimes.jp/i/75785/8/resize/d75785-8-2d7969ed46e3e9796604-5.png ]




わかやまリフレッシュプランについて


和歌山県民を対象に、県内宿泊施設の宿泊費が最大で半額(1泊当たり1人最大1万円)となる割引キャンペーンになります。これまでもチケット販売のたびに数時間で完売するなど、大変お得で人気な内容となっています。
チケットは抽選で販売し、次回は11月4日(木)15時から申し込みを受け付けます。
チケットの購入は県の公式HP( https://wakayama-refresh.com/ )より。利用期間は2021年12月31日まで。

わかやまリフレッシュプランのご予約はこちら〉〉 https://sen-retreat.com/takahara/2021/11/04/03/
[画像4: https://prtimes.jp/i/75785/8/resize/d75785-8-5344dd031d8b1c9a5355-6.jpg ]




SEN.RETREAT TAKAHARAについて



[画像5: https://prtimes.jp/i/75785/8/resize/d75785-8-c26bac9d2c1c20ba6f1b-7.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/75785/8/resize/d75785-8-f48f21fc2678fccfa8fa-24.jpg ]




中辺路ルートを歩く際に最初にたどり着く集落「高原地区」で、空き家を木の温かみを生かした内外装にリノベーションし、宿泊施設に生まれ変わらせました。
宿泊客が集まることができる広々としたリビングや、ほんのりと木の香りが漂う和室3室を備えています。
大自然に囲まれた屋外のデッキテラスでは、地元産の野菜、海鮮、お肉などの食材をバーベキューで召し上がることができます。宿では焚き火、近隣では川遊びなどのレジャーを楽しんでいただけます。
トレッキング客だけでなく、ファミリー層やグループ利用も想定しており、ワ―ケーション施設としての利用も可能です。今冬は一棟貸しとしていますが、来春からは1室ずつ販売する予定です。
高原地区は標高約300mの山間部に位置しており、早朝に霧が立ち込めて神秘的な雲海が現れることから、「霧の里」「天空の里」とも呼ばれています。

宿泊施設の数が十分ではない中辺路ルート沿いに、2022年9月までに計3カ所の宿を中辺路ルート沿いに建てる予定です。宿泊客の受け皿を作り、雇用も創出することで、地域観光を持続可能なものにしたい。また、空き家をリノベーションして宿に生まれ変わらせることで、空き家問題の解消にも寄与したいと考えています。


所在地    和歌山県田辺市中辺路町高原 1966
客室数    3室(最大宿泊人数10人)
付帯設備  キッチン、炊飯器、冷蔵庫、食洗器、電子レンジ 駐車場付き
宿泊単価   平日34,000円 休日・休前日49,000円
※1泊2食付(夕食:バーベキュー、朝食:パンやチーズ)
大人4600円、小人2800円

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください