リコーカップ 選手・ギャラリーが一丸となってCO2削減に協力!

PR TIMES / 2012年11月26日 10時2分

LPGAツアーチャンピオンシップ リコーカップ
横峯さくら、木戸愛、森田理香子やイボミなど、
トップ女子プロゴルファーとギャラリーが
環境省の推進するCO2削減運動「WARMBIZ」に協力!






LPGAツアーチャンピオンシップ リコーカップでは、今年も環境省が推進するCO2削減運動ウォームビズの普及啓蒙活動に大会運営を通じて協力しました。全選手が積極的に趣旨に賛同。2012年度TOP30のプレーヤー達は、プレーだけでなく、環境意識も一流でした。環境省が推進するウォームビズは暖房に必要なエネルギー量を削減することで、CO2排出を減らし、地球温暖化を防止することが目的です。冬、寒い時に着る、過度に暖房機器に頼らない、という原点に立ち返り、暖房時の室温が20度でも快適なスタイル、ウォームビズを呼びかけました。


協力いただけた全選手および大会の詳細は、以下のサイトでご確認ください。

www.ntv.co.jp/ricohcup/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング