Amazon Web Services環境のシステム運用管理サービスCloudALを正式リリース

PR TIMES / 2014年4月7日 10時36分

~サポート専門企業のホロンテクノロジーが手掛ける定額料金制のクラウドマネージドサービス~

株式会社ホロンテクノロジー(代表取締役社長:峯下恒美、本店所在地:東京都中央区 以下、ホロンテクノロジー)は、アマゾンウェブサービス(以下、AWS)の利用者向けに、これまでの運用アウトソーシングサービスで培ったノウハウをパッケージ化したサービス『CloudAL』を2014年04月07日より正式リリースいたします。CloudALは、AWSのメリットである従量課金(サーバを使用した分だけ支払う制度)を最大限に活用できるよう、AWSサーバ(以下:インスタンス)が増えても運用費用が増加しない「運用管理の定額料金制」を採用しております。これによりユーザーは、必要な検証が発生した際に、わざわざ運用会社に通知する事や必要の無い運用管理費用を支払う事なく、社内サーバの感覚で自由にインスタンスの作成・削除ができるようになります。増減したインスタンスは、CloudALサービスに同梱されているHinemos(R)で自動追従し、問題が発生した場合でも即時検知し、メールだけでなく電話でも通知する事ができる運用を意識したサービスとなっております。



■ 提供の背景

AWSのご利用ユーザーが増える中、「AWSに移行したのに、運用コストが返って高くなった」という声が聞こえます。これは、AWSの従量課金をうまく活用できていないか、インスタンスに付属する運用管理費用がかさんでいる為に起こるケースが多いと当社は考えております。そこで、当社のHinemos(R)を使用して、インスタンスの起動/停止をスケジュールで管理し、起動/停止をこまめに制御する事でAWSの利用費用を適正化します。また、一時的に増えたバーストサービスという形ではなく、発生した障害の数で料金を選べる運用管理の定額料金制とすることで、運用管理費用の抑制に成功しました。当社はこれまでAWS以外のユーザーに広く運用管理アウトソーシングとして提供してまいりましたが、運用の最適化を実現できる当サービスを今後は強力に進めて参ります。

■ CloudALの7つの特長

・オープンソースの統合運用管理Hinemos(R)をフル活用、Hinemos(R)有償オプションAWSクラウド管理を標準搭載。
・AWSの監視だけでなく、OS上で稼働するアプリケーションまでしっかり監視。オートスケールにも自動追従、自動監視を実現。
・メールによる通知だけでなく、電話による障害連絡を標準搭載。電話通知履歴管理やインシデントの管理も標準提供。
・バックアップやスナップショットなど、定常業務もHinemos(R)で自動化し、日々の運用コストを削減可能。
・Hinemos(R)カレンダー機能を活用し、営業日/休日を事前に登録することで無駄なインスタンスを抑え、AWS利用料金を抑制。
・AWSの使い過ぎや使用状況に応じた課金配賦アラートの設定が可能。
・ジョブ管理機能を選択することで、高額な商用ジョブコントローラーと同様の運用自動化も実現可能。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング