新しいICP質量分析装置をPittcon(ピッツコン)2012にて発表

PR TIMES / 2012年3月14日 11時36分



極めてコンパクト・高感度な設計で分析時間を大幅に削減

サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社(代表取締役社長 イアン・マイケル・スミス、横浜市神奈川区守屋町、分析機器・理化学機器・医療器具・ラボ用ソフトウェアの輸入販売およびサービス)は、クラス最高の分析性能とスループット向上によりラボの分析時間を大幅に削減する、新しいICP質量分析装置「Thermo Scientific iCAP Q(アイキャップ キュー)」を発表しました。Xシリーズ2 ICP-MSに代わるiCAP Qは、新しいインターフェイスなど多くの先端技術を採用しており、ワンクリックで装置設定ができ、日常のメンテナンスもこれまでより容易です。サーモフィッシャーサイエンティフィックは、3月11日~15日に米国オーランドで開催中のPittcon (ピッツコン)2012にて、この新しいiCAP Qを展示します。

ドイツのミュンスター大学 無機化学・分析化学研究所分析化学部長のDr. Uwe Karst(ウヴェ・カルスト博士)は、次のように述べています。「ガドリニウム含有MRI造影剤のスペシエーションなど、私たちのアプリケーションは非常に高度で、研究の限界を切り開くことができる堅牢で高感度の機器が必要です。ここではiCAP Qを常時稼働させており、HPLCと結合して有機物含有量が高い試料を導入することもよくあります。iCAP Qの設計は非常に優れているため、グラジエント溶出中にプラズマの条件が変化しても安定した分析が容易に行え、検出限界の向上、測定時間の短縮が可能です」

iCAP Qは、独自のイオンフォーカスシステムにより、クラス最高のシグナルノイズ比を実現し、低質量イオンをカットするflatapoleテクノロジー*1を用いた弊社商標のQCell*2では、干渉を効率的に除去して極めて信頼性の高い結果が得られます。新しいQtegraソフトウェア*3により、iCAP Qシステムは完全に自動化されており、装置の設定はワンクリックするだけで完了します。待機状態からボタン1つで、性能が保証された分析を開始できます。

iCAP Qは、連続的に稼働できるよう、メンテナンスしやすく設計されています。スキマーコーン、サンプルコーン、引出レンズ(真空状態のままメンテナンス可能)、トーチ部品へのアクセスがしやすく、日常メンテナンスは迅速かつ容易にできます。Dr. Karstは次のように述べています。「メンテナンスが簡単であることも、このICP-MSの優れた特徴のひとつです。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング