第11回 日本e-Learning大賞 応募受付開始![8/31(日)締切]

PR TIMES / 2014年6月9日 14時11分

eラーニングに関する革新的な技術、コンテンツ、導入事例を積極的に顕彰する『第11回 日本e-Learning大賞』[主催:e-Learning Awards フォーラム 実行委員会および日本工業新聞社(フジサンケイ ビジネスアイ)]の応募要項を公開致しました。



本大賞では優秀な事例に対し、「eラーニング・オブ・ザ・イヤー(最優秀賞)」の他、経済産業省、文部科学省、総務省、厚生労働省の4省による大臣賞や、優れた部門への部門賞が授与されます。

『第11回 日本e-Learning大賞』の結果は、eラーニングに特化した国内唯一の総合フォーラム『e-Learning Awards 2014 フォーラム(2014年11月12~14日)』にて授賞式および受賞発表イベントが開催されます。昨年の開催は、2.5日の会期でのべ7,362名のかたにご来場いただき、たいへん大盛況の内に幕を閉じました。今年は昨年を上回るのべ10,000名のご来場を見込んでおり、日本e-Learning大賞の受賞は大きなアピールの場として期待されます。

学校の「授業や予復習で活用されるeラーニング事例」や、企業・官公庁の「eラーニングを活用した社内教育・グローバル人材育成の事例」、「教育ITを使ったスクールビジネスの好例」、「eラーニングの新製品・サービス」など、様々なケースでeラーニングを活用されている自治体・団体・学校・個人でのご応募をお待ちしております。【応募無料・8/31(日)締切】


↓↓↓『第11回 日本e-Learning大賞』応募方法の詳細はこちら↓↓↓
http://www.elearningawards.jp/e-learning.html


────────────────
◆募集テーマ
────────────────
貴社、貴校の教育現場で活用している“eラーニング事例”を広く募集。
業務効率や学習効果の向上に寄与する、またはそうした可能性を秘めた将来性
のあるeラーニングサービス、システム、コンテンツなど。
応募点数に制限はありません。

────────────────
◆審査基準
────────────────
生産性、相互作用性、メディア活用性、品質保証性、新規性、マネジメント性
の6項目について一定の判断基準を設け、多面的に審査いたします。

────────────────
◆多数の受賞メリット
────────────────
■賞の授与(申請中)
通称:eラーニング・オブ・ザ・イヤー、経済産業大臣賞、文部科学大臣賞、
総務大臣賞、厚生労働大臣賞、他各部門賞が授与されます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング