新たな女性ドライバー入社 まだまだ遅れをとる女性の社会進出 就業環境整備を積極的支援

PR TIMES / 2012年5月1日 10時55分



ハイヤー・リムジンサービスの手配・運行を行う株式会社アウトドアテクノロジー(本
社:東京都江東区、代表取締役:楠木崇延)は、2012年4月1日付けで新たな女性ドライバーが入社致しました。
欧米先進国の例に倣い、更なる女性の社会進出が求められています。当社のドライバー業務では単なる「運転手」以上の接客の質が求められるなか、女性ならではの視点・感性から生み出される「気付き」・「気遣い」・丁寧な接客をサービスのクオリティ向上に生かすと共に、一昔前では考えられなかった新たな業種にも女性が就労進出するその一例、一助となればと考えています。

-―---------------
新たな女性社員採用にあたっての思い
-----------------
 経団連の研究機関である21世紀政策研究所の「グローバルJAPAN特別委員会」の発表した長期経済予測によると、早急に立て直しをしなければ、2050年までに日本のGDPは世界9位に転落してしまう、と警鐘を鳴らしました。この現実的な危機を避ける為には「北欧諸国の水準まで女性の労働力率を高めること」、そうすれば、少子高齢化に伴う労働力不足を補うことが出来ると協調しています。

 当社では、ドライバー業務に従事している女性社員の割合が20%を超えています。
空港送迎や、ビジネスシーンでの視察や企業訪問時の利用に加え、ハイヤーならではの臨機応変に対応できる観光添乗業務も行なう当社員には、広範な地理・歴史・観光知識と運転技術が求められるだけではなく、一日の長い時間をお客様と共有するため、質の高い接客意識が必要です。
そこで、本年度の新入社員は今春大学を卒業したばかりの女性を新卒採用致しました。語学力が高く、明るく物腰の柔らかい性格で、海外からの顧客が多い当社にとって貴重な人材の一人になることを大いに期待できます。

 「運転手=男性」という業界のステレオタイプはもはや古いと考えています。公共の交通機関のような運輸業にも女性の姿が目に付きます。高度な知識や、技術、能力を必要とするプロフェッショナルな仕事にも、今後更に女性が進出でき、貴重な労働力として社会を支える働きが出来る環境を整えることが急務だと我々は考えています。

-------------
本件に関するお問い合わせ先
-------------
株式会社アウトドアテクノロジー 担当:斉藤(広報担当:表)
TEL:03-3599-6740/FAX:03-3599-6741/E-mail:info@outech.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング