日本ロレアル、800名以上の理系女子学生・社会人の“ホンネ”を調査

PR TIMES / 2014年8月19日 18時7分

学生・社会人ともに90%以上が「理系を選択して満足」!
日本における女性活躍の躍進に『リケジョ』への期待

一方で、“理工系は男性が活躍する分野” “年齢や性別で世間の評価・受ける印象が変わる”など、男女格差が課題 

世界最大の化粧品会社ロレアルグループ(本社:パリ)の日本法人である日本ロレアル株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:クラウス・ファスベンダー)は、理系女子の実態を調査するために、全国の理系分野を専攻する現役大学生・大学院生516名と、理系出身の現役社会人309名の合計825名を対象に意識調査を実施しました。

2020年の東京オリンピックをはじめ、科学技術立国を目指す日本の発展に向けて、『リケジョ(理系女子)』は開発・研究分野における“ものづくりの担い手”として期待が高まっています。また、『リケジョ』が増えることは、政府が推進する女性の登用においても、大きな役割を果たすと言えます。一方で、日本は女性研究者の割合が先進国の中で最下位に留まるなど、『リケジョ』を取り巻く環境には多くの課題があります。

日本ロレアルは、将来有望な若手女性科学者の研究を奨励し、活躍の場が広がるよう2005年から、「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」を推進し、奨学金を贈呈しています。2012年には、『リケジョ』を応援する「リケジョの日」を制定し、毎年、啓発イベントを積極的に実施しています。

啓発活動の一環として、2011年に理系女子学生を対象にした意識調査第1弾を行い、学生生活、研究意欲、震災後の科学に対する意識の変化などについて明らかにしました。第2弾となる本調査では、現役の理系女子学生のほか、初めて理系出身の女性社会人にも対象を広げ、学生生活やキャリアの満足度、理工系分野(数学、物理学、化学など)を増やすための施策、『リケジョ』に対するイメージなど直面する課題や“ホンネ”を考察しました。

【調査概要】
調査対象: 全国の大学・大学院の理系学部に在籍する18歳~29歳の女性516名
全国の理系出身の25歳~49歳の女性社会人309名
合計825名
調査方法・期間: インターネット調査、2014年6月20日(金)~6月25日(水)


■ロレアルグループについて(www.loreal.com)

ロレアルグループは、1909 年にパリで化学者によって設立され、世界 130 ヵ国・地域で事業を展開し、約8万人の従業員を有する世界最大の化粧品会社です。「ランコム」「シュウ ウエムラ」「キールズ」「イヴ・サンローラン」     「ロレアル パリ」「メイベリン ニューヨーク」など28ブランドをグローバル規模で展開しています。創立当初から女性研究者を積極的に登用しており、現在約4,000名の研究者のうち70%を女性が占めています。1998 年より、ユネスコとの協力のもと「ロレアル-ユネスコ女性科学賞」を通じて、世界115カ国以上から 2,000名以上の女性科学者を支援しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング