オールインワン認証アプライアンス「Account@Adapter」仮想アプライアンスを販売開始、証明書自動インポート機能も実装

PR TIMES / 2014年2月12日 11時10分

このたび、日立電線ネットワークス株式会社(以下、「当社」といいます。)は、自社開発・販売をしているオールインワン認証アプライアンスサーバ「Account@Adapter」(アカウントアダプタ)の機能を強化した「Account@Adapter Ver.5.04」をリリースします。本バージョンから、仮想アプライアンスでの販売も開始します。また、認証局機能を強化し、クライアント証明書の自動インポートが可能になります。2014年3月1日より販売開始予定です。

【Ver.5.04主な機能強化の概要】

■仮想アプライアンスを販売開始

昨今、企業やデータセンタのサーバ環境は、総所有コスト削減を目的とし、サーバ仮想化技術の利用が進んでいると同時に、ネットワークのセキュリティ確保のために、認証ソリューションの重要性も増しています。しかしながら、認証ソリューションの要となる認証サーバは、手軽なアプライアンス版での提供か、導入作業が煩雑になってしまうソフトウェア版での提供が多く、「認証」「ID管理」「証明書発行」「ワークフロー」「DHCP」をオールインワンで備えた製品として、仮想基盤上にアプライアンス感覚で手軽に導入できる製品はありませんでした。

販売当初よりAccount@Adapterは、わかりやすい管理画面と高いセキュリティ技術をサポートするオールインワン認証アプライアンスとして、認証/アカウント管理/電子証明書発行/DHCPサーバ機能などを提供してまいりました。このたび、VMware対応の仮想アプライアンス(VMware版)として販売することで、アプライアンス版の手軽さをそのままに、仮想基盤上に、Account@AdapterのVMwareイメージを展開することができ、容易に認証システム環境を構築することが可能となります。また、本社やデータセンタにはVMware版、各拠点にはアプライアンス版、といったような冗長構成にも対応し、より大規模な環境への導入も可能となります。

対応動作環境:VMware ESXi 4.1以上
希望小売価格(税別):49万円~

■クライアント証明書の自動インポートに対応

無線LAN接続やリモート接続にて主に利用されるクライアント証明書認証は、正規の電子証明書がインポートされている端末のみを接続許可することができるので、BYOD(Bring your own device)など持ち込み端末環境において高いセキュリティ環境を担保することから、昨今注目されている認証方式です。しかし、電子証明書を各端末に配布する方法は確立されたものがなく、運用負荷を軽減し、かつ高いセキュリティを保つためには、高価な証明書配布システムを導入せざるを得ない状況でした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング